1. TOP
  2. 水道水
  3. 水道水の成分は本当に安全ですか?
Sponsored Link

水道水の成分は本当に安全ですか?

Sponsored Link



Contents

水道水の成分はどのようになっているのか?

普段何気なく飲んでいる水道水。とても身近なのにその中に含まれている水道水の成分についてはあまり知らないのではないでしょうか。

水道水といっても軟水と硬水、酸性とアルカリ性といった種類があります。さらに水や水道管の腐食を避けるために色々な薬品も投入されています。

最近では水道水に危険な成分が含まれているという理由のため浄水器やウォーターサーバーを買う人が増えています。一方で日本の水道水は安全なので直接飲んでも大丈夫だと思っている人もいます。

あなたの飲んでいる水道水は飲み続けて本当に大丈夫なのでしょうか?

水道水は毎日身体に取り入れているものです。良くも悪くもあなたの身体に確実に影響を及ぼします。では水道水にどんな成分が含まれているのでしょうか。今一度考えてみましょう。

人体に必要な水

水道水とは?

 私たち日本人は蛇口をひねればすぐに水道から出る水を飲むことができます。日本の水道水普及率は97,5パーセントで、離島など普及していない地域では井戸水を使用しています。

しかしこれは当たり前のことではありません。世界で水道水が飲める国はたった15ヶ国しかいないのです。

しかもそのほとんどは硬水で飲用に適していません。

水道水の飲める国のほとんどは飲用水としてミネラルウォーターを飲むのが当たり前で、それがお酒やビールより高い国もあります。

では水道水とは何でしょうか。私たちが飲用する水道から出た水は「水道法」という法律によって管理されています。

水道法では水道について「導管およびその他の工作物により、水を人の飲用に適する水として供給する施設の総体」と定義しています。(下線筆者)

つまりここ日本において飲めない水は「水道水」とみなされないのです。さらに水道法第四条には以下のような点が書かれていました。

第四条  水道により供給される水は、次の各号に掲げる要件を備えるものでなければならない。

一  病原生物に汚染され、又は病原生物に汚染されたことを疑わせるような生物若しくは物質を含むものでないこと。

二  シアン、水銀その他の有毒物質を含まないこと。

三  銅、鉄、弗素、フェノールその他の物質をその許容量をこえて含まないこと。

四  異常な酸性又はアルカリ性を呈しないこと。

五  異常な臭味がないこと。ただし、消毒による臭味を除く。

六  外観は、ほとんど無色透明であること。

このように水道水は水とそこに含まれている成分まで国の基準により厳重に管理されています。それで私たちは基本的に安心して飲むことができるはずです。

水道事業者は常に国(厚生労働省)の認可を受けて水道事業を経営しなければならないことになっています。それで民間の水道会社はなく(水道の検針や費用については民間会社に委託している)地方公共団体、つまり市町村の水道局が管理しています。

 

Sponsored Link



水道局は水道をどこまで管理しているの?

ところで水道局は水道をどこまで管理しているのでしょうか。

私たちが家で蛇口をひねって出てきた水まで管理されているのでしょうか。

残念ながらそうではありません。もしそうだとすると蛇口が漏水した時その修理代と損失した水は国が支払ってくれることになります。

水道局が管理している水道は導管から水道メーターまでです。

従って水道メーターから蛇口までの水道水については家屋建物の所有者になります。

それで水道メーターの手前で漏水した場合は修理代に加えて予測される漏水費用は請求されないことになっています。

国はいわば「水道メーターまでの成分は基本的に私たちが責任もって管理します。

しかしあとはあなたたちが責任を持ちなさい」といっているようなものです。(なお特例が下されることもあります。東日本大震災の時に漏水した部分についてはメーターから蛇口の部分に関しても漏水は請求されませんでした。)

このことは蛇口から出る水道水の成分についても同じことがいえます。

水道水メーターまでは安全な水が提供されますが、そこから先の不必要と思う成分を除去したり、必要な成分を追加したりするのは私たちなのです。

さて「水道」は多くの一軒家のように導管から直結しているものと、マンションなどの集合住宅で一度に複数の人が使用しても一定の水圧を保つために貯水槽に貯めているものがあります。

この場合水道メーターは貯水槽より前にありますので貯水槽の性質について国は一切管理しないことになっています。

都会の水はまずい?

水道水の美味しさの多くは塩素の含有量によって決まります。塩素の含有量の最低値は決まっていますが最大値は決まっていません。

日本の水道水に含まれる塩素の量全てはWHO(世界保健機関)が設定している基準量より下回っています。しかしそれでも地域によってその量が違いますので味の差異が出てきます。

水道水として使用している原水が汚染されていれば汚染されているほど塩素を多く投入しなければなりません。

従って「都会の水道水=まずい」という図式ができあがってしまいます。

しかし一概にもそう言い切れません。最近では浄水施設の改良されてきています。例えば一昔前は日本一まずいと言われていた東京の水道水にも変化が起きています。

東京都金町浄水所では通常の塩素処理の前にオゾン処理と生物活性炭処理を行うことによってにおいの元を100%取り除く技術を完成しました。

これにより東京の水道水は高度にろ過したことに加えて、成分には塩素が少なくなり水も劇的に美味しくなりました。世界に誇る水としてペットボトルで販売しているほどです。

東京水道局のホームページには各年度の水質検査結果が載せられており、水道水に含まれる成分表を確認することができます。

水道水に含まれている成分が安全であるという自信を垣間見ることができます。

神奈川県の水道水もできるだけ塩素の投入量を減らすように工夫するようになっています。

塩素の量は水道法によって決まっています。それで浄水場から各家庭までに届けられるまでの間で塩素が薄まることがあるのでそれを計算に入れて多くの塩素を投入しています。

しかし横浜市は塩素を遠隔操作によって投入するようにしました。

それによって各家庭が蛇口をひねって出すときに塩素の含有量が水道法によって決まった基準値の最低値にできるだけ近づけるようになりました。

ちなみに同じ神奈川県でも秦野市は「名水の里・秦野」の地下水をくみ上げているのでミネラル成分も豊富に含まれていて美味しい水道水となっています。

このように近年東京をはじめとして都会でも水道水が美味しくなるように様々な工夫がされるようになってきました。

浄水場のさらなる改良により近い将来、日本の水道水はまずいというイメージを払拭することができるようになるかもしれません。

Sponsored Link



水道水?それともミネラルウォーター?

一昔前ミネラルウォーターにお金を出して買う人はあまりみかけませんでした。

しかし今ではミネラルウォーターはコンビニやスーパーでも人気商品の一つです。

ミネラルウォーター=安全というイメージから水道水を止めてミネラルウォーターを買う人もいるでしょう。

ではミネラルウォーターの成分は本当に安全なのでしょうか。

水道水は水道法で、ミネラルウォーターは食品衛生法でというように共に法律によって安全性が定められています。

ところでミネラルウォーターよりも水道水の方がその基準が厳しいということはご存知でしょうか?

考えてみれば毎日飲み続けるものではないミネラルウォーターよりも常に身近にある水道水ほうが審査の基準が厳しいのは当たり前です。

ミネラルウォーターの審査がゆるいというよりも水道水の審査が厳しいのです。

例えば水道水には鉛という成分が含まれているといわれていますが、実際はミネラルウォーターのほうが多く含まれている可能性が高いのです。

もちろんミネラルウォーターは水道管を通っていないので塩素独特のまずさはありませんし、水道水特有の有害物質が含まれていないので安心です。

しかし少なくても法律の面からみると水道水はミネラルウォーターよりも安全なのです。

私たちは何が本当に危険で何が安全なのか理解してからその水を判断したいものです。

 

Sponsored Link



日本の宝!日本の水の成分

水を必要としない人は世界中でだれもいません。しかしその中でも日本にとって「水」は大切にしたい宝のようなものです。

先進国の中で緑が国土の70パーセントを占める国は日本をおいてほかにありません。

世界の河川に比べて全長距離の長い河川はミネラル成分をじっくりと溶かし込んだ日本の水は、軟水でありながらミネラルを豊富に含んでいるのです。

口当たりの良いまろやかな味を楽しめるだけではなく、私たちの体内に知らないうちにたまっている毒素を洗い流すデトックス効果があるのです。

以上の理由から理学博士の松下和弘博士は「水道管の叫び」の中で日本人の長寿の秘訣は日本の水にあるという仮説を立てています。

「日本人は安全と水はただだと思っている」と言ったのは山本七平氏ですがこれほどきれいで、おいしく、ミネラル成分が豊富な日本の水をただで飲めることができるのです。しかしいまやその水道水は危険に冒されています。

人体に有害な水道水の成分とは?

水道水は国によって管理されています。

それでも100パーセント安全というわけではありません。日本一汚い水を争っている千葉県の印旛沼や手賀沼、あるいは滋賀県の琵琶湖などに行くと「こんな水を飲んでいるの?」とショックを受ける人は少なくありません。

当然そこには雑菌など有害なものがたくさんいるわけで、そのまま飲んだらお腹を壊してしまいます。それで水道水にはそれらを消毒する成分である塩素を投入しています。

また鉛製の給水管から有害成分が溶け出しています。さらに水道管のさび止めに使う塗料も有害成分が出ていることがわかっています。

国はこれらを人体にとって安全としているわけですから過度に心配する必要はないかもしれません。

しかしどの程度安全なのでしょうか。

国が管理していないメーターから蛇口までの水道管についてはどうでしょうか。

特にそれが非常に古い場合、あるいは貯水槽を使用している場合、そこに含まれている水道水の性質は本当に安全な水といえるでしょうか。

 

Sponsored Link



水道水の成分であるカルキと塩素の違いとは?

水道水に含まれている成分の中で有害なものとしてまず思い浮かぶのは「塩素とカルキ」かもしれません。

しかしその知名度とは裏腹にあまり認知されていないようです。

この二つはどう違うのでしょうか。

簡単に言うと塩素は気体でカルキは塩素が吸収された消石灰です。

このカルキが水に溶けると塩素を発生します。

つまりカルキによって塩素という気体が生じるのです。

しかし厳密にいうと現在はカルキは使われていません。その点を詳しく説明しましょう。

水道法の中では「水の消毒は塩素によることを基本とする」と定められています。

その中で認められている塩素は以下の3つです。

・次亜塩素酸カルシウム

ドイツ語で「クロールカルキ」これが略されて「カルキ」として認知されています。以前水道水に使用されていましたが、固体で使用しにくいため現在ではあまり使用されていません。主にプールの消毒で使用されています。

・次亜塩素ナトリウム

液体で使用しやすいため現在主流となっています。水道水のほかに台所の漂白剤やカビ取り剤などにも使われています。

・液化塩素

液化されていますが安全性の問題からやはり次亜塩素ナトリウムの使用が好まれます。

このように以前主流だった次亜塩素カルシウム、つまりカルキは現在ほとんど使用されていません。

しかし過去の名残でカルキ=塩素と捉えられています。どちらも塩素を発生させることに変わりはありませんので、カルキ臭、カルキ除去などは現在の水道水に含まれている塩素という認識で問題はないでしょう。

Sponsored Link



欠かせることができない水道水の成分、塩素のデメリット

水道法によると塩素は1リットルあたり0.1ミリグラム以上使用することになっています。

それで日本の水道水には塩素という成分が必ず入っています。そしてこれにより殺菌消毒が適切に行われます。

インターネット上では「日本の水道水は塩素の最低値は決まっているが上限値が決まっていないので恐ろしい」という記事をよく見かけますがそれは事実を少し誇張した表現といえるでしょう。

確かに上限値は定めていませんが1ミリグラム以下に抑えることを目標値としています。

多くの地域ではこの目標値を下回っていますし、多い地域でも2ミリグラムを超えるところはほとんどありません。

加えてWHO(世界保健機関)のガイドラインによりますと、体重60㎏の人が1日に2リットルを生涯にわたって毎日飲み続けていても健康に影響が生じない濃度が5ミリグラム以下とされています。

それで日本の水道水を飲み続けても塩素によって人体の健康に深刻な害が生じることはほとんどないでしょう。

しかしこの水道水の成分である塩素は全く無害であるとも言い切れません。塩素によるデメリットは以下のようなものがあります。

水がまずくなる

カルキ臭(塩素臭)がして水がまずく感じます。塩素の量は場所よって10倍以上違うので、普段綺麗な水源の水道水を飲んでいるとその味の変化を如実に感じます。

生水はもちろんですが、お茶やコーヒー、料理に至るまでその味を感じます。

皮膚への影響

アトピー性皮膚炎の原因はまだはっきりわかっていませんが残留塩素が原因の一つ、あるいは悪化させる原因であるといわれています。

アトピー性皮膚炎でなくても肌が弱い人は肌荒れを起こしたり水ぶくれのような症状を起こしたりしてしまうことがあります。

髪の毛

髪の毛はタンパク質で出来ていますが残留塩素はタンパク質を壊してしまうことがあります。

それで塩素が多く含まれているシャワーを浴び続けることが髪の毛がパサつきの原因でないかといわれています。

他の有害な成分への変化

後述しますが水道水の水源に含まれている物資を塩素の反応によって生じる成分が有害であるといわれています。

日本の水質基準値を超えるものではないので安全性には問題ありません。

このように日本の水道水は水道法によって徹底的に管理されていますので人体に安全であるとされています。

しかしその一方でその安全のために用いられている塩素によっていろいろな害が生じています。

いずれにしても塩素という成分が含まれていない水道水は飲むことはできませんので私たちが実際に飲むときにどこまで除去できるかが課題になってきます。

 

Sponsored Link



何だか危険な水道水の成分。トリハロメタンとは?

水道水に関心を持っている皆さんはトリハロメタンという言葉を聞いたことがあると思います。

浄水器を買おうとする人にトリハロメタンという言葉を使うと売り上げが倍増するとかしないとか……。それほど認知されているトリハロメタンですが、いったい何者なのでしょうか。

この点について東京都水道局は次のように説明しています。

「川などの水には、植物が枯死し、分解したときにできる腐植質や都市排水などの中にある有機物質が含まれています。水道水をつくる過程で塩素処理を行うと、これらの物質と塩素が反応してトリハロメタンができます。」

水質 | よくある質問 | 東京都水道局より)

日本の水道水は塩素という成分が必ず含まれていますのでその性質上トリハロメタンという成分も含まれていることになります。

さてそのトリハロメタンですが、4つの化合物を指しています。

そのうち代表的なものがクロロホルムでこれが発がん性のある毒物として知られています。

では人体に有害なレベルといえるのでしょうか。

WHO(世界保健機構)では一生涯水道水を飲み続けてもがんになる危険を抑えるために水質基準を1リットルあたり0.2mgとしています。

一方日本の水質基準はそれよりはるかに厳しく1リットルあたり0.06mgとしています。

さらにIARC(国際がん研究機関)はトリハロメタンによってがんが発症する確証はないという見解を持っています。

つまりがんのプロが、がんの発症する根拠がないといっているトリハロメタン。

その量がWHOの設定しているものよりはるかに厳しい基準をクリアしている

それが日本の水道水なのです。

「メタボリックシンドローム」「ハザードマップ」などのように難しいカタカナでいわれるとなんだか意味がわからないけど怖いですよね。

そのような心理をうまく利用して「トリハロメタンって何だかよくわからないけど発がん性あるらしい。」という認知の元にセールスで用いられるようになっているだけなのかもしれません。

このような事実を考えると水道水の成分に含まれているトリハロメタンの危険性はそれほど過敏になる必要はない、と判断することができます。

しかしやはり人体に多少なり有害な可能性はあります。また、トリハロメタンは煮沸すると増加する成分であることがわかっています。

そのため除去できるものなら除去したいという気持ちもあると思います。

 

Sponsored Link



多量摂取は危険な水道水の成分。鉛とは?

水道水には色々な薬品が投入されていますが、心配するのはそこだけではありません。

水道水は蛇口をひねって水を出すまでに水道管を通る必要があります。一部の水道管には鉛が溶け込んでいることがわかっています。

現在ほとんどの水道管は鉛が使用されなくなりました。

しかしだからといって安心して良いわけではありません。

家自体の給水管や溶接部から鉛が溶け込んでいる可能性があります。

ご存知の通り水道メーターから蛇口までは国は管理しないことになっていますので、水道水に多量の鉛が含まれている場合私たち自身で解決しなければならない場合があります。

特に水道水のミネラルが少なかったり、ph(ペーハー)が低い、つまり酸性であったりすると溶け込みやすくなります。

鉛は消化、あるいは呼吸器から多量に吸収されると人体の健康を害することがわかっています。

少量だと問題はありませんが私たちは大気や食べ物から鉛を取り続けています。

これに毎日飲んでいる水道水に鉛が含まれていると多量摂取になります。

このようにほとんどの水道水には現在鉛はありません。

また通常鉛を取り入れて問題はありません。

しかし鉛の多量摂取は発がん性の危険があるほか、脳、肝臓、神経系統、さらに赤血球に損傷を与えます。

とりわけ妊婦や小さな子供は短期間であっても多量摂取は危険です。

Sponsored Link



恐ろしい水道水の成分、MDA(メチレンジアニリン)とは?

水道管は何もしないでいると錆びてしまいますので、錆止めを塗る必要があります。

そこで使用されている塗料の中にMDA(メチレンジアニリン)というものが含まれていました。

このMDA(メチレンジアニリン)動物実験により発がん性があることがある非常に恐ろしい成分であるということわかりました。

その危険度は米国では全面禁止になっている、という事実からもわかります。

この研究報告をうけて当然「日本もMDA含有塗料を中止にしよう。」このような意見も出ていました。

しかし日本はすでに高価なこの塗料を1万トン以上買い付けていました。

すでに使用した水道管を含めてMDA含有塗料をすべて廃棄処分すると経済的に大打撃をうけることになります。

今のところ水道水に溶けだしていない、という報告の元厚生省はMDA発がん性塗料の使用禁止処置をとりませんでした。

さてそのMDA成分が含まれている塗料を使用した水道管は今やいたるところで劣化が進んでいます。

恐ろしいことに一部の水道水にこのMDA(メチレンジアニリン)が溶け出しているのがわかったのです!

 

Sponsored Link



貯水槽に含まれている水道水の成分

マンションや集合住宅などに住んでいる場合、一度に大量の水を消費することがあります。

すると通常の水道管からくる水だけだと足りなくなります。

それで貯水槽とよばれる大型のタンクに水を貯めて各家庭に供給します。

その貯水槽に含まれている水道水の成分、それは未知数です()以前小動物の死体が貯水槽に入っていたことがニュースになったことがあります。

また大量の水アカや藻が発生していたこともあります。

さらに水質確認用のフタが外れていてそこから雨水が入っていたこともありました。

貯水槽の水質チェックや清掃の仕事をしている人の多くは「自分は絶対に使いたくない」と思うようです。

さてその貯水槽ですが法律で一年に一回チェックしなければいけないことになっています。

しかしはっきりいって一年に一回では全然足りません。

し最後にチェックした時にフタをしっかり閉めていなかったら一年間雨水が入り続けていることになります。

またその貯水槽自体が古い場合そこに鉛やMDAなどの有害物質が大量に含まれていることがあります。

美味しく安全な飲用水を飲むために

皆さんの飲んでいる水道水。

それは当たり前のものではありません。

本来は美味しく、ミネラルが豊富な水。それがただ蛇口をひねるだけで手軽に飲むことができるのです。また水道法によって厳しく安全に管理されています。

皆さんはできるだけ水道水に含まれている人体に有害な成分だけを取り除いてその美味しい水を飲みたいと思うことでしょう。

ここではそれぞれの成分に合わせてその成分を取り除く方法について考えてみます。

 

Sponsored Link



水道水を美味しく飲む秘訣

千葉県水道局は水道水を美味しく飲む方法として「冷やすのが一番!」と述べています。その理由は次のようなものです。

「おうちでおいしく飲むために手軽な方法は、水を冷やすことだよ。

普通、ペットボトル入り飲料も冷やして飲むよね。冷蔵庫や氷などで20℃以下に冷やすことによって、消毒用の塩素のにおいもあまり気にならなくなるんだ。

一般に、体温に比較して、20~25℃低いときに最もおいしく感じるといわれているよ。」

参考URL http://www.pref.chiba.lg.jp/suidou/keikaku/oishii2/mame/mame01.html

この点はいくつか間違いがあります。『水と食物』日本水処理生物学誌 第三一巻第二号掲載論文=学会講演録は次のように説明しています。(下線筆者)

「水温を下げると味覚(味蕾)が麻痺し、冷たさが強く印象に残り、おいしいと錯覚してしまいます。その温度は体温の三六℃よりも二二℃低い『一四℃以下』が分岐点になります。」

つまり千葉県水道局が説明している「おいしく感じる」こととは実際に味覚が麻痺して、おいしいと錯覚しているだけだということになります。

それで水道水のまずさ=残留塩素の多さであるということを考えると塩素を除去することが水道水を美味しく飲む秘訣となります。

逆に考えますと本当においしい水かどうかを確かめる方法は常温の水を飲んでみることです。塩素が完全にとれた日本の水道水はどの地区においても美味しく感じるはずです。

Sponsored Link



水道水の成分に含まれる塩素を除去する方法

法律上日本の水道水には(それがどんなにきれいな原水を使っていたとしても)塩素という成分が必ず含められています。

そしてそれは安全な水を飲むために必要なものでもあります。

それで塩素を取り除くために私たちが個人で対処しなければなりません。

塩素を取り除くのは意外と簡単です。以下の五つの方法のいずれかを試してみてください。

  1. 日向に置く

塩素は太陽の光に6時間当てておくとほぼ完全に分解できます。水も少し温まりますので沸かして使う場合ガス代の節約(?)にもなります。でも夏場長時間おいておくと雑菌が繁殖する可能性もありますので強くおすすめはしません。金魚などを買うときのカルキ抜きにはこれで十分です。

  1. 沸騰させる

塩素は沸騰することによって分解することができます。しかし沸騰させると今度はトリハロメタンが増えますので気になる方は大気中に拡散させるためにフタを閉めないで沸騰させましょう。ちなみにカルキ抜き機能がついている湯沸し用ポットがありますが、それはただ沸騰させているだけです。

  1. ビタミンCを入れる

塩素はビタミンCで中和することができます。飲食店の水にレモンが入っている場合がありますが、それも塩素を除去して水を美味しくさせるためです。さっぱりして飲みやすくもなりますので、冷たい水を水道水から飲みたいと思ったときには氷と一緒にレモン水を入れてみてください。

  1. 備長炭を入れる

備長炭は塩素を除去してくれるだけではなく、放射能物質や他の様々な不純物を吸収してきれいにしてくれます。代わりにミネラル成分を放出してくれますので、水道水を飲用する方法としてはベストな飲み方といえます。ただ準備が少し大変です。まず備長炭をたわしできれいに洗い、沸騰消毒してから直射日光で乾燥させます。乾燥した備長炭を6時間以上水道水につけてください。

  1. 指を入れる

一番簡単な方法です。なんと指を入れるだけで塩素が中和されるのです。雑菌が入らないように指を入れる前に手を十分に洗って下さい。お客さんに出す場合はそのことは言わない方が無難でしょう。

  1. 浄水器を取り付ける

当たり前のことです。しかし今まで考えたように塩素の除去は意外と簡単です。それで事実上ほとんどすべての浄水器は塩素を除去できます。100均で売っている蛇口に取り付ける小さな浄水器でさえ塩素を除去することは可能です。

このように塩素は簡単に除去できますので水道水を飲む前に塩素を除去することをおすすめします。

 

Sponsored Link



シャワーには気を付けよう。トリハロメタンを除去する方法

前述しましたようにトリハロメタンは一般的に言われているほど害のあるものではありません。

しかし有害物質であることは事実ですし、まだわかっていないこともありますので除去することにこしたことはありません。

さてトリハロメタンは揮発性のある物質です。

それでお湯にした状態で10分ほど放置すればほとんど除去できます。

それでお風呂に入る場合は沸かしてすぐに入るのではなく、フタをしないで換気扇をかけて、10分ほどおいてください。

トリハロメタンを除去する浄水器もたくさん出ていますのでそれを使用することもできます。

ただ、高いお金をかけてまで除去するものでもありませんので、塩素除去や美味しい水を飲みたいということにプラスした副次的なもので十分だと思います。

どうしても気になるようでしたら、浄水器は飲用水よりもシャワーに取り付けることをおすすめします。

揮発性のあるものですので危険度からいうと飲用するよりも皮膚から吸収する方が数百倍~1000倍危険である、という報告もあります。

浄水器を取り付けない場合はお風呂場にトリハロメタンがこもらないように喚起をよくしておきましょう。

古い水道管には気を付けよう。MDA成分を確認する方法

MDA(メチレンジアニリン)は非常に厄介です。

塩素やトリハロメタンと比べて認知度が低いためMDAを除去するという機能が付いた浄水器はあまりみません。

しかし危険度はそれらよりも数倍危険なのです。

それでまず自分の使用している水道水にMDA成分があるかどうか確認し、そのあと必要な対処策を施しましょう。

次の手順は俊成正樹氏と松下和弘氏著「水道管の叫び」に書かれた内容の抜粋です。

錆止め工事をしているかどうかの確認をする

残念ながら各水道局が公表している水道水の成分表にはMDA成分の有無は表記されていません。

MDA(メチレンジアニリン)は錆止め工事の際に使用された成分の一つです。それで自宅の水道管の内側に錆止め工事をしているかどうかの確認をしましょう。

「もしも一九八九年(平成元年)以前に建ったマンション、団地、アパートであって高架水道(貯水槽方式と同義)の水道であれば、注意を払う必要」があります。

この段階で錆止め工事の履歴がなければ安心してください。

皆さんの水道にはMDA成分は含まれていないことになります。

しかし、工事の記録がある場合、あるいは錆止め工事の履歴不明の場合次の段階に移る必要があります。

水道屋さんにMDA成分があるかどうか分析してもらう。

MDA(メチレンジアニリン)成分があるかどうかはNMR工法(核磁気共鳴)という装置で診断することができます。これは町の水道屋さんにお願いすれば行ってくれます。

NMR工法はA、B、Cという3つのランク付けで判断されます。

もし診断が「A」ならばすでにMDA成分が溶け出しています。その水道水はできるだけ飲まないようにしましょう。

そしてできるだけ早く水道管全体を取り換えるか、管路を洗浄するという大規模な工事が必要です。

診断が「B」ならば今のところMDA成分は溶け出していません。

しかし数年のうちに溶け出す可能性が高いので水道管の洗浄をおすすめします。

診断が「C」なら問題ありません。

しかし水道管本管からMDA成分が入ってくる可能性がありますので定期的な点検が必要です。

デットクス効果のある水を飲む

NMR工法は非常に費用がかかります。数100万円から1000万円ほどかかることがあります。

その費用を管理組合が払ってくれなかったり、近隣住民の賛同が得られなかったりする場合もあるでしょう。

そのようにNMR工法で診断することができない場合、水道水を飲み続けなければなりません。

その場合水道水の水を一切飲まないようにするか、デトックス効果のある水を飲んで体内からMDA成分を排出するという選択しかありません。

界面活性力が高い水はそのような力があります。

松下和弘氏は「コーヒー豆を挽いた豆をドリップして入れたコーヒーで確かめることができる」と述べています。

そのコーヒーに油分が浮いていれば界面活性力が低く、浮いていなければ高いことを示しています。

そのような界面活性力の高い水はMDA(メチレンジアニリン)の他有害物質を全て尿や便などで体外に洗い流してくれます。

また、MDA(メチレンジアニリン)成分が排出されるかどうかの検証はされていませんが、水素水も有害物質を洗い流すデトックス効果があることがわかっています。

それで同様の効果を期待することができます。

認知度が低いMDA(メチレンジアニリン)成分は除去する方法もあまり研究されていません。

それでこのように今の水道水にMDA(メチレンジアニリン)が含まれているかどうかを知ることと、水道管そのものを取り換えること、あるいは体内から取り除く方法を模索するしかありません。

 

Sponsored Link



水道水に含まれたMDA(メチレンジアニリン)成分を体内から取り除く方法

MDA成分を体内から確実に取り除く方法はあまり提唱されていません。

しかしここでは他の様々な情報によりMDA成分を取り除くことができる方法をお伝えします。

逆浸透膜(RO)浄水器を使う

後ほど詳しく扱いますがこの浄水器は放射能物質でさえ取り除くことができる高性能の浄水システムなのでMDA成分を取り除くことができるかもしれません。

水素水を飲む

水素水はデトックス効果があることがわかっています。

体内にある活性酸素と結びついて無害な水に変えて体外に排出してくれるのです。それでMDA成分にも効果があると思われます。

備長炭を使う

備長炭は放射性物質も吸収できることがわかっています。それでMDA成分にも効果があると思われます。

水道水に備長炭を入れて6時間以上つけておいてください。

備長炭は使用後日光で乾燥させれば何度でも使うことができます。

ここで提案していることは全て実証された方法ではありません。この方法で除去したと思われる水道水を飲むかどうかは自己判断でお願いします。

今後MDAについて理解が進みその除去についての研究が進むことを願いたいところです。

Sponsored Link



貯水槽の水を使用している人たちへ

貯水槽に入っている水は国が管理しているものではありません。

貯水槽にある水道水の成分が安全であるかどうかの点検は基本的には個人か、管理組合が行わなければなりません。

国が指導を行うこともあります。

例えば東京都水道局が平成16年度から行われている「クリーンアップ!貯水槽」という取り組みは、都内全ての貯水槽の点検調査を行ないました。

その結果水道水の成分は貯水槽を使用していない水道と比べほとんど差異がないことがわかっています。

しかしすべての都道府県の水道局がそのようにしているわけではありません。

貯水槽が古い場合、とりわけ一九八九年(平成元年)以前の場合注意が必要です。

鉛やMDAなど様々な有害物質が含まれている可能性があります。

マンションなど管理組合が貯水槽を管理している場合、どれくらいの割合で水質点検をしているかを聞いてみてください。

法律で定められているのは1年に1回ですが、良心的な管理組合の場合年に2回かそれ以上行っています。

その点についてよく話し合ってください。

また自分の使用している貯水槽がどこにあるかをちゃんと把握しておいて、それがきちんと管理されているかも確かめることをおすすめします。

中にはだれでも自由に入れるようになっていたり、不衛生な状態であまり管理されていなかったりすることもあります。

もしそうであるならば、自分や家族の健康にかかわる大切なことなので、その点についてはしっかりと話し合う必要があるでしょう。

 

Sponsored Link



水道水が金属の味がする場合

水道水に金属の味がする場合、鉛か鉄が溶けだしている可能性があります。

その成分がどちらかで対処法が異なります。各都道府県の水道局に自分の地域の水道管が何でできているかを確認して下さい。

場合によっては水道水に何が含まれているかの水質検査をしてくれることもあります。

日本全体の水道管のおよそ80パーセントは鉄の水道管で、20パーセントが鉛の水道管といわれています。

もし鉛の水道管の場合前述しましたように多量摂取は人体に有害な影響を及ぼすことがあります。

水道水に含まれた鉛の危険性を少なくする方法は3つ

水道水をフラッシングする。

鉛は給水配管の滞留時間が長いほど鉛量は多くなります。

それで朝起きてすぐなど、水道水を6時間以上使っていない場合は水を2分以上流しっぱなしにしてください。

シャワーやトイレなど飲用水の他で使った場合は数秒で十分です。 

蛇口から出るお湯を飲用に使わない。

最近はほとんどの家庭で蛇口に温水機能がついています。それを直接使っていませんか。

温水には高濃度の鉛が含まれている可能性がありますので使用することはすすめられません。

また、もし浄水器を使っているなら浄水機能もほとんどなくなってしまいますので注意してください。

鉛を除去できる浄水器を使用する

イオン交換型のものなど、鉛を除去できる浄水器はたくさんあります。

しかし、良い浄水器は費用が高額です。

場合によっては自治体などに融資制度等もありますのでそのような制度が活用できるかどうか調べてみてください。

 

Sponsored Link



水道管の鉄について

水道管が鉄の場合、鉄さびが混ざって金属の味がする場合があります。

鉄さびと聞くと何か有害な気がしますが、鉄分なので基本的に人体にほとんど害はありませんこの場合心配する必要はないでしょう。

むしろ鉄欠乏性貧血の人には治療効果も期待できます。

しかし水道水の風味を損ない、水道としての味は落ちますので気になる方は浄水器などで除去してください。

浄水器で水道水の有害成分を取り除こう

水道水独特の有害成分が嫌なのでミネラルウォーターを買ったり、ウォーターサーバーを買ったりするというような選択肢があります。

しかしそれらは費用がかさみます。

また、日本は世界でも数少ない水道水を飲める国なのにそれを飲用しないというのは残念なことです。

日本の水道水は世界一安全と言われています。

しかし今まで考えたように水道水には色々な成分が含まれています。それで可能なら浄水器を活用してみることをおすすめします

ここでは水道水に含まれている有害成分を取り除くための浄水器の効果について説明しましょう。

Sponsored Link



浄水器で取り除くことができる水道水内の不純物の種類

まず浄水器で取り除くことができる不純物の種類についてご説明しましょう。

「家庭用品品質表示法」で13種の不純物除去対象物質が定められています。

その種類は以下のものとなっています。

1.遊離残留塩素

2.濁り(雑菌 固形鉛等)

3.総トリハロメタン

4.クロロホルム

5.ブロモジクロロメタン

6.ジブロモクロロメタン

7.ブロモホルム

8.溶解性鉛

9.農薬

10.カビ臭 2-MIB

11.テトラクロロエチレン

12.トリクロロエチレン

13.トリクロロエタン

これに「浄水器協会」が定めた以下の2つの物質が加わります。表示は「+2」で表されます。

14.鉄 微粒子状

15.アルミニウム 中性

浄水器を購入する際に上記がどれほど除去できるかを確認しましょう。

浄水器の基本的な4種類

浄水器には色々な種類のものが出回っていて効果も価格も様々です。

イオン水に変換するものや水素水を作り出すものもあります。

ここでは浄水機能を中心にその性能について考えてみましょう。

基本的な4つのタイプの浄水器とその特徴をご紹介します。

 

Sponsored Link



蛇口浄水器

蛇口に直接取り付けるタイプのものです。

本体の代金は2000円~5000円、フィルター代も月額にして1000円前後のものなど、浄水器のタイプとしては最も安いタイプのものです。

フィルター代で利益を出すために本体の代金を無料にしているメーカーもあります。また、100均で買えるものもこのタイプに加えることができるでしょう。

塩素など最低限のものは取り除くことができます。

お金はないけどとりあえず浄水機能がついているものを取り付けたい、と思っている人におすすめです。

ポット型浄水器

若い人を中心に人気のあるのがポット型の浄水器です。

価格も3000円ほどで交換でき、手軽に使えることが人気の理由でしょう。そのまま冷蔵庫に入れて冷やせばいつでも冷たい美味しい水を飲むことができます。

しかし浄水に時間がかかること、浄水性能は値段相応であるというデメリットがあります。ま

たフィルターの交換期限が早いのでコストパフォーマンスを考えると意外と費用がかかります。購入前によく費用を計算しておきましょう。

据え置き型浄水器

有害物質を除去した安全な水を飲みたいという方にはこのタイプの浄水器をおすすめします。

本体が大きいのでそれだけ高性能の浄水性能を備えています。

またフィルターの寿命は長いものがほとんどです。

アルカリイオン水にするもの、水素水にするもの、ph(ペーハー)を調整できるものなど色々な機能がついているものがありますので、それぞれ自分の好みに合わせて選ぶことができます。

デメリットとしては場所を取られること、取り付けが複雑であること(業者による工事が必要な場合もあります)、そして高額(3万円から10万円以上するものまであります)であることなどがあげられます。

逆浸透膜(RO)浄水器

スーパーなどで無料のピュアウォーター(純水)を使っている人もいるかもしれません。

ミネラルウォーターと一緒だと思っている人もいますが全く違います。

ミネラルウォーターは名前の通り色々なミネラル成分が含まれていますが、ピュアウォーターは高度ろ過装置により浄水されていますのでミネラル成分を含めて不純物が全く含まれていないピュアな水なのです。

日本ではまだまだ一般家庭に普及していませんが、アメリカなどでは全世帯の80パーセントの家庭が使用しています。

海水でさえ飲みやすい軟水に変えることができるため、宇宙ステーションや豪華客船などでも使用されています。

水道水の安全性を徹底的に追求したいならこの逆浸透膜(RO)浄水器をおすすめします。

放射性物質も含めたナノレベルの浄化処理により本当に安全な水が飲めます。

ただしミネラル成分も失われてしまうため日本の水独特の豊富なミネラル成分も除去されてしまいます。

ミネラル不足が気になる方は備長炭や風化貝化石、風化サンゴ化石などを入れてミネラル成分を後から追加するようにしてください。

また値段も10万円前後と高額です。

通販ですと5万円以下のものもありますが、アフターケアをしてもらえないというトラブルもよく聞きますのでよく調べたうえで購入してください。

浄水シャワーヘッドを活用しよう

浄水器は飲用水だけに限るものではありません。

しかし鉛や塩素、トリハロメタンの吸収という意味では飲用するより危険です。

塩素は肌を乾燥させ、男性にとっては恐ろしいハゲの原因にもなります。

浄水シャワーヘッドに変えるだけで髪がさらさらになったり肌がすべすべになったりするなどすぐに効果を実感することができると思います。

浄水シャワーヘッドには以下の2つのタイプがあります。

Sponsored Link



ビタミンCボールタイプ

塩素はビタミンCで除去することができます。それでシャワーヘッドの部分にビタミンCのボールを入れることにより塩素が除去されたシャワーを浴びることができます。

料金は比較的安く、ボールを取り換えるだけなので手入れが簡単です。

しかし、ビタミンCのボールはすぐに効果がなくなります。

頻繁に(2週間から1ヶ月くらい)入れ替えなければなりません。

カートリッジタイプ

飲用の浄水器のようにカートリッジを通して浄水するタイプです。

費用は比較的高めでですが、浄水機能はしっかりしています。

遠赤外線タイプ

セラミックからでる遠赤外線で塩素が低減します。ただし100パーセント除去するわけではありません。

シャワーヘッドは他にも節水機能や低水圧機能、手元ストップ機能やエステ機能がついているものまでいろいろあります。

それぞれの+αの機能も考慮しながら選んでみてください。

人体に必要な水道水の成分

水道水に含まれている有害な成分に注目してきました。

しかし冒頭で述べたようにもともと日本の水は世界に誇る美しいミネラル豊富な水です。

そのような水からひいている水道水も天然水と同じようにミネラルが含まれています。

みなさんは水道水よりミネラルウォーターのほうが健康に良いと思っていませんか?

しかし実はミネラルウォーターも水道水も成分はほとんど変わりません。(厳密にいうと軟水である日本の水道水はカルシウムとマグネシウムは少なめです。)

ただ水道水には塩素が含まれていますのでミネラルウォーターのほうが美味しく健康に良いというイメージになっているのでしょう。

もちろん地域によって含まれているミネラル成分は違いますが、日本の水道水はどこでも健康に良いミネラル成分が含まれています。

そしてそれらのミネラル成分を水道水によって取りすぎで人体に有害な影響を及ぼすという危険性はほとんどありません。

ここではそのように健康面に良い影響を及ぼす水道水の成分について考えてみましょう。

 

Sponsored Link



骨や歯を強くする成分カルシウムが水道水には含まれています

カルシウムは人間の身体の中に最も多く存在するミネラルですが、その99パーセントは骨と歯に含まれています。

それでもし体内のカルシウムが不足し始めると骨を溶かして不足分を補います。それが骨粗しょう症や他の骨の病気につながります。

カルシウムは他にイライラしなくなる精神安定作用、筋肉の動きを正常に保つ働きなどがあり、生活の中の様々な重要な役割を担っています。

水道水に含まれているカルシウムは微量であり、これだけで1日に必要なカルシウムを補うことはできません。

魚や牛乳などカルシウムが豊富に含まれている食材を定期的にとる必要があります。

しかし水道水は毎日飲むものです。

料理を作ったり、お茶を飲んだりするときにも水道水は使用します。

このように毎日身体に取り入れているものの中に健康に必要な成分が含まれているので私たちの健康を強力にサポートしているのです。

食事ではなかなかとれない成分マグネシウムが水道水には含まれています

「骨」と聞くと「カルシウム」というイメージがありますが、実は骨を上部に保つためにマグネシウムもカルシウムと同じまではいきませんが、その次に大事な役割があります。

マグネシウムの働きとカルシウムの働きはよく似ていて骨を強化したりイライラの防止や精神安定の働きをしたりします。

さらにマグネシウムはまたがんや糖尿病の予防、血管障害、脳卒中、心筋梗塞などの予防をします。

マグネシウムはカルシウムの半分以上必要と言われています。

しかしカルシウム不足を心配する人はよくいますがマグネシウム不足を心配する人はあまりみかけません。本来カルシウムをたくさんとったらそれだけマグネシウムもとらなければならないのです。

マグネシウムは豆類やあおさ、パセリなどに多く含まれています。

水道水だけでは足りない分のマグネシウムはこのような食材で補うことができるでしょう。

サプリメントなどで一度に大量にとる場合を除き、基本的に食事や水道水などで過剰摂取を心配する必要はありません。

 

Sponsored Link



カルシウムの半分以上必要な成分ナトリウムが水道水には含まれています

ナトリウムは普段あまり意識することのない栄養素かもしれません。

一般的には「塩分」のほうがわかりやすいでしょう。

厳密にはナトリウムは塩分ではありません。

しかしほとんどが食塩として摂取されますのでナトリウム不足=塩分不足と置き換えても問題はないでしょう。

ナトリウムは他の様々な栄養を吸収する働きがある大切な栄養素です。

それでこのナトリウムが不足すると身体が水分量や血液量を減らしナトリウムを節約しようとします。それにより血圧がふあんていになったり、倦怠感、頭痛などの症状をもたらしたりします。

さて塩分は食塩のほかにみそやしょうゆなどの調味料、またカップラーメン、ポテト、ハンバーガーなどのジャンクフードに多量に含まれています。

それで日本人の食生活は平均で一日に必要な量を十分に上回る量を摂取しています。

基本的に塩分不足つまりナトリウム不足を心配する必要はありません。

むしろ摂取を控えた方が良いでしょう。

ただ夏の時期など汗をいっぱいかくときはナトリウム不足になりがちです。

よく「夏バテ防止に水分を一杯取りましょう。」といいますがそれは水分だけではなく、そこに含まれているナトリウムなど他のミネラル成分も一緒にとらなければならないからです。

その点でいうと純水ではなく水道水のようにミネラル成分が含まれている水を飲まなければなりません。

状況が深刻の場合、塩飴やスポーツドリンクなども飲む必要がありますが、スポーツをしたり屋外で大量の汗をかいていたりしていない限り、通常水道水だけで十分にナトリウムを補うことができます。

Sponsored Link



エネルギーをつくる成分カリウムが水道水には含まれています

カリウムは体内で水分調節をするという、生命を維持するために欠かせないミネラル成分の一つです。

さらに取りすぎたナトリウムを体外に排出する働きもあります。

水道水にはナトリウムとカリウムを両方摂取できます。

つまり水道水の飲みすぎが塩分の取りすぎにつながることはありません。

取りすぎたカリウムを排便によって体外に排出してくれるのです。

またカリウムは熱中症や夏バテの予防にもなります。

カリウムが不足すると倦怠感、不整脈、高血圧、便秘になりやすくなるなどの身体に悪影響を及ぼします。

肝臓機能が低下している場合カリウムが血中に蓄積されやすくなり、高カリウム血症などの神経症の発症する恐れがありますので注意が必要ですが、通常水道水だけの摂取は問題ありません。

美肌のカギとなる成分シリカが水道水には含まれています

最近美肌のカギとして注目を浴びている成分の一つにシリカがあります。

これはケイ素のことですが、「シリカ」のほうが「ケイ素」よりインパクトがあって美容によさそうですね。

言葉一つ変わるだけで注目されるようになっていますが、実際にシリカ、つまりケイ素は美肌を保つために重要な働きがあることがわかっています。

シリカは身体の中の様々な部位に含まれていますがとりわけ皮膚の中に一番多く含まれています。

シリカは肌の保湿に加えてコラーゲンの再生、ヒアルロン酸と結びついて肌を丈夫にする働きがあります。

美肌のために「コラーゲン配合」や「ヒアルロン酸配合」という商品に飛びつく人もたくさんいますが、コラーゲンやヒアルロン酸はサプリや食品から直接取り入れてもほとんど効果がありません。

それで美肌のためにはコラーゲンやヒアルロン酸をとるよりもシリカという成分を取る方が効果的です。

美容の他にもシリカはカルシウムの補給を促したり、骨、毛髪、肌、爪などの成長促進や再生を促したりするために重要な役割があります。

どの水道水にもシリカという成分は含まれていますが、とりわけ九州地方に多く含まれているといわれています。

 

Sponsored Link



血糖値を下げる成分バナジウムが水道水には含まれています

血糖値を下げる成分として最近人気があるミネラルがバナジウムです。

このバナジウムはインスリンと同じような作用をもたらすことがわかっています。

それで嫌なインスリン注射の変わりとしてバナジウムがたくさん含まれている水に注目が集まっています。

血糖値を下げる他、コレステロール値の改善、糖尿病予防、デトックス効果などいろいろな効果があることがわかっています。

やはりどの水道水にもこの成分は含まれていますが、とりわけ富士山から摂取した水がとりわけバナジウムが多いとされています。

自宅の水道水で手軽にバナジウムを生成する整水器も人気があります。

例えば世界初の卓上ポット型パナジウムイオン整水器「V-POT」があります。

通常の浄水機能に加えたこの整水器はバナジウムを生成するだけではなく、他の十種類以上のミネラル成分を生成し、phを8.0というアルカリイオン水に変えるという働きをします。

フィルター代も1リットル当たり34円という安さからペットボトルで買うよりもローコストで手軽にバナジウムを摂取することができます。

 

Sponsored Link



水道水の成分に関するまとめ

水道水の成分について考えてみましたがいかがだったでしょうか。

繰り返しになりますが日本の水道水は本当に価値のあるものです。その水道水を飲むことをやめて外国のミネラルウォーターを買うのはもったいないことです。

この記事で提案させていただいたことは大きくわけて

  1. 自宅で使用している水道水の成分を調べること。
  2. 有害成分をできるだけ取り除くことが出来る浄水器を活用すること。

以上の2つです。この点をしっかり行えば素晴らしい日本の水道水の恩恵を受け続けることができます。

今後水道局の政策で各都道府県の水道水はますます綺麗になり、浄水器の技術は進んでますます性能が良くなると思います。

私たちも日本の水道水に対してもっと理解を深めてこの資源を大切にしていきたいと思います。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水ダイエットの効果を徹底解説!

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 炭酸水の洗髪効果が凄い!育毛・頻度・作り方・方法・やり方を完全解説します!

関連記事

  • 日本の水道水の安全性や危険性と海外との比較

  • 水道水が白い原因とは?

  • 水道水をペットボトルに入れる時の様々な疑問に答えました!

  • 水道水のカルキ抜きの方法を完全解説!

  • 赤ちゃんに水道水はどう影響するのか、徹底的に調べました!

  • 水道水の塩素除去の方法と影響とは?