1. TOP
  2. ココアには傷を早く治す効果がある!

ココアには傷を早く治す効果がある!

ココア   103 Views

ココアには傷を早く治す効果があります。

「キズ」が治るという現象は、医学において、古くもあり・新しくもあるテーマだといいます。

このメカニズムについては現在でも盛んに行われていて、改善・未検討が残された研究領域でもあるそうです。

ココアは高度救命救急センターでは、機能性食品として活躍しているほどの実力をもっています。

そんなココアは、どれほどのパワーをもっているのでしょうか?

ココアの創傷治癒効果を、詳しく解説していきます。

 

病気は、免役細胞が影響している!

近年、この免疫細胞を元気にする食べ物とか、生活習慣とか話題になっていますが、そもそも免疫力は病気から身体を守るために私たちの身体に備わっている力です。

免疫力を高めることは、健康寿命を延ばすことに直結していきます。

 

細菌やウイルスが喉や鼻から体内に侵入すると、私たちの身体の細胞を使って増殖しようとします。

ウイルスは、自分で分裂することができないため私たちの細胞の中に入り込み、自分たちの細胞をコピーしてどんどん増殖をはじめます。

ウイルスは、私たちの細胞の中に入り込むと24時間で約100万倍にも増殖するといわれています。

その細菌やウイルスを防御する働きをするのが、血管の中にある免疫システムです。

傷を受けた部位には炎症が起りますが、これは傷口が細菌などに感染するのを防ぐために起こる自然な身体の防御反応で、細胞組織の治癒には必要なことです。

炎症が大きく長引けばそれだけ修復も後に長引いてしまうので、傷を受けたときの処置で大切なことは過剰な炎症をできるだけ抑えることなのです。

 

免疫力と腸内環境は密接な関係がある!

 

近年、腸の免疫機能が注目されています。

なぜなら、腸管に身体の中で最も重要な免疫器官があり、栄養分を吸収する一方で細菌やウイルスは体外に排出する役目を担っているからです。

そのため免疫細胞の多くが腸に集まっていて、人の体の全免疫システム全体の70%が集まるバイエル版というリンパ組織を形成しています。

なぜ腸に、これほど多くの免疫システムが集まっているのでしょうか?

飲食物には、必ず多くの細菌やウイルスなどが含まれていますが、それらの有害物質は腸の粘膜から最も侵入しやすいため、常に腸を守り続けなければならないからです。

有害物質を素早く感知して攻撃して排除するためにも、腸は身体の中でも1番の免疫器官でなければならない理由がここにあるわけです。

 

腸の免疫と腸内細菌の関係

 

この腸内の免疫は腸内細菌と密接な関係をもち、様々な働きで私たちの健康に大な影響を与えています。

人間の腸の中には、約500種類、100兆個の細菌が住み着いていて、まるで草むら(フローラ)のようであることから、腸内フローラと呼ばれています。

腸内フローラには善玉菌と悪玉菌、腸内の環境状態によって「善玉菌」にも「悪玉菌」にもなる「日和見菌」という3種類が存在しています。

この善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、悪玉菌が増えると免疫機能が低下してくるわけです。

理想的な腸内環境は、善玉菌が90%、大腸菌などの悪玉菌が10%というバランスだといわれています。

免疫力を上げるためには、腸内細菌のバランス=腸内環境を整えなければならないということなのです。

 

ココアの創傷治癒効果

 

ココアには、腸内環境を整える植物繊維が多く含まれ、免疫力を高めてくれます。

そのうえ、過剰な炎症を抑えて傷の治りを促進する作用があります。

通常1週間かかるキズが4日で治ってしまうほど効果があり、その他にも床ずれを治す効果もあるといいます。

高度救命救急センターでもココアは機能性食品として活躍し、重傷者や感染症の患者にはカカオ成分を活用した治療が導入されています。

液状にした高カカオ成分チョコレートを栄養剤と一緒に投与することで、身体の表面だけでなく内臓などの傷の治りが通常より早くなるというのです。

これらの実績により現在、国内約20か所の病院で、高カカオ成分チョコレートが患者への治療や栄養補給に活用されています。

 

ココアに含まれる豊富な亜鉛

 

ココアを機能性食品としてみた場合は、注目すべき成分が亜鉛といえます。

亜鉛が不足すると皮膚の新生が悪くなり、ニオイや味に鈍感になると昔からいわれています。

亜鉛は不思議な金属!

亜鉛は、細胞分裂・悪玉酵素の除去・再生・増殖・炎症に関わる重要な酵素とされ、脳の神経細胞や皮膚・精巣など細胞分裂が盛んな臓器に多く含まれている不思議な金属です。

必須微量元素の筆頭である鉄の次に重要なものとして扱われていますが、その一方で亜鉛は日本人に不足しているといわれている成分なのです。

さらに・・・・

亜鉛は新陳代謝に大きく影響していて、細胞の生まれ変わりや糖質のエネルギー化・インスリンの合成・免疫力を高めるなどの多くの役割をもっています。

 

<純ココアに含まれるミネラル類>

●鉄・・・・・・ ・・・・・14㎎/100g

●亜鉛 ・・・・・・・・・7㎎/100g

●銅 ・・・・・・・・・・・3.8㎎/100g

●カルシウム・・・・ 140㎎/100g

●カリウム ・・・・・・2800㎎/100g

●マグネシウム・・・440㎎/100g

 

 

最も重要な役目を果たすココアの成分

 

🔷ミネラル類・・・亜鉛が皮膚の機能を正常に保ちながら皮膚細胞の修復を助け酵素の働きを活性化する

人は細胞分裂によって傷を治していきますが、亜鉛には細胞分裂を活発にする働きがあります。

つまり、傷を早く治す効果があるのです。

🔷カカオポリフェノール・・・過剰な炎症を抑えて傷の治りを促進する作用がある

皮膚が再生していくうえで治りかけた傷が再び炎症を起こすのを防いでくれます。

 

サポートするココアの成分

 

🔷植物繊維・・・食物繊維と亜鉛を一緒に取ることで傷の治す効果が高まり、腸内環境も良くする

チョコレートやココアは、亜鉛と食物繊維を同時に摂取することができる最適な食品です。

また、亜鉛の吸収率を良くするには腸内環境を良くする必要があります。

 

創傷治癒効果に関連する研究結果

 

▷研究結果その1)

毎日ココアを飲んでいる重症患者において、傷の治りが早くなることが確かめられています。

病状がひどく食事も喉を通らない状態の患者が、板チョコを1日5~6枚食べ始めると傷が急に改善に向かい回復に向かったケースをきっかけに、ココアやカカオについての研究が始められ、ココアのポリフェノールやテオブロミン、ミネラルが血行を良くし炎症を抑えて傷ついた細胞を修復する作用があることが判明しました。(高度救命救急センター)

 

▷研究結果その1)ココアに含まれる亜鉛の含有量と同等のエサで飼育したラッドと、ココア入りのエサで飼育したラッドを比べた実験によると、ココア入りのエサを食べたラッドの方が亜鉛の血中濃度が高かったことが確認された。

この実験から、本来、亜鉛はされにくいとされているにもかかわらず、ココアの亜鉛は吸収率がいいということがいえます。

(埼玉県:高度救命救急センター)

 

創傷治癒効果に効果的なココアの飲み方

 

治療が目的であれば、ピュアココアが適しています。

砂糖やミルクを入れることで糖分や脂肪分の摂取が増え、他の要因が出てくるので注意が必要です。

殺菌効果に関しては特に濃いココアでなくても、普通の濃度で飲めば効果は得られるという結果が報告されています。

 

👉このほかのココアの効果については「ココアの効果は驚異的!その全てをお伝えいたします!」で紹介していますので是非ご覧ください!

 

\ SNSでシェアしよう! /

水メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

水メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

担当

担当

その他の記事  記事一覧

  • ココアの成分がすごい効果を発揮する!

  • ココアの効果は驚異的!その全てをお伝えいたします!

  • ココアのダイエット効果がもの凄い!!

  • ココアの脳や精神に与える効果が凄い!

関連記事

  • ココアの心臓・心血管系を改善する効果が凄い!

  • ココアはちみつの効果がすごい!

  • ココアは血糖値や糖尿病への効果が凄い!

  • ココアで更年期障害や月経前症候群を改善する!

  • ココアは記憶力・集中力・計算能力を高める効果がある!

  • ココアで動脈硬化を予防・改善する!