1. TOP
  2. 炭酸水ダイエットの効果がもの凄い!

炭酸水ダイエットの効果がもの凄い!

炭酸水   411 Views

炭酸水がダイエットにとても効果的であることは、多くの炭酸水ダイエットを実践した方々の結果から判明しています。

炭酸水はダイエットを始めとする圧倒的な健康効果を様々発揮しますが、炭酸水の効果は下記のようになっています。

◎体内血管の拡張効果

◎新陳代謝のUP効果

◎ダイエット効果(食べ過ぎ抑制など)

◎便秘改善効果

◎疲労回復効果

◎新陳代謝向上効果

◎リラックス効果(ストレス解消効果)

上記の炭酸水の効果からご理解いただけるように

炭酸水ダイエットの大きなメリットは体重を落とす効果だけではなく、「美しく痩せることが可能」ということです。

今回の記事では炭酸水ダイエットの効果や方法などあらゆる最新情報をお伝えしています。

Contents

炭酸水を飲んで身体の内から美しくなる       

健康やダイエットは、男性女性問わず永遠のテーマです。しかも日本は世界に誇る長寿国となりました。

健康志向がますます高まる中、ただ体重を減らす無謀なダイエットより、健康的で美しいダイエットを志す人が増えています。

炭酸水を飲み、炭酸水の温泉(炭酸泉)に入ることは、そのまま健康や美容、アンチエイジングを同時に手に入れられます。

炭酸水を飲んで得られるダイエット美容効果と、炭酸泉入浴の健康、美容効果はもちろん、お肌への塗布によるスキンケア効果等、炭酸水の無限に広がるメリットは素晴らしい限りです。

炭酸水を飲むと代謝が上がる 

炭酸水を飲むと血管が拡張し血流が上がります。

血管の拡張によって血流量が増えると、血液中の老廃物は押し流されて、血液がサラサラになり、新陳代謝も活発になります。

新陳代謝が活発に働くと、身体中の組織もエネルギーをますます使うことになり、「痩せやすい体質」にと変わるのです。

この「痩せやすい体質」というのは「リバウンドしにくい体質」ということです。

さらに、体内で血流が促進していくことで血圧が高い人は血圧も下がります。

(正常血圧・低血圧の人の血圧が下がることはありません。むしろ、低血圧の人は炭酸水により血流が良くなりますので、正常血圧に近づきます。)

なお、肥満と高血圧は強い因果関係があるので、炭酸水ダイエットはダイエットと高血圧対策の両方が可能です。

いつもと変わらない何気ない日常の動作であっても、炭酸水を飲んで新陳代謝を高めると、カロリーの消費がアップし、「太りにくい体質」になり、健康的なダイエットへと導きます。

炭酸水ダイエットに効果的な飲み方

①朝のお目覚めにコップ1杯の炭酸水を飲む。

②食前に300mlの炭酸水。食事中もコップ1杯の炭酸水。

※1日に炭酸水を飲む量は1.5ℓ~2ℓが適量。

毎日十分な炭酸水を飲むことで代謝が上がり、脂肪が燃えて痩せ体質へと変わります。

炭酸水ダイエットはとてもシンプルです。

この飲み方を続けることで炭酸水ダイエットの効果を実感することが出来ます。

ダイエットに効果的な炭酸水は「体内美容液」と言えます

炭酸水はカロリーがゼロのため、太る心配がありません。

美しくダイエットをするには水分は必要不可欠です。

炭酸水をこまめに摂取すると体内の新陳代謝が活発に動き出します。

新陳代謝が活発になるということは、身体の脂肪が燃えやすくなるということなのです。

ダイエットによって、健康的に美しいボディーを手に入れるには、「身体に良い水」をこまめに飲んで、体内の機能を向上させることがカギになります。

無理な食事制限をしたり、心も身体も悲鳴を上げてしまうような運動を一時的にして体重を落とすことは賢明とはいえません。

脂肪を燃焼させながらも余分なものをため込まない身体をつくることで、自然と太りにくい体質となることでしょう。

このときに飲む最もベストな水がカロリーゼロであり、代謝を良くしてくれる炭酸水なのです。

炭酸水ダイエットで新陳代謝を上げてきれいに痩せる

人間の身体は、およそ60兆個の細胞からなりたっています。

その細胞は、休むことなく新しいものに生まれ変わっています。

細胞の生まれ変わりを支えているエキスパートが、身体中を駆け巡っている水分なのです。

体内の水は、血液やリンパ液となって、小さな小さな一つ一つの細胞たちに酸素や栄養物を送り続けています。

そして水は、老廃物となった古い細胞を体外に排出する働きをしているのです。

口から飲んだ水は、血液とともに体内を循環して身体の外に老廃物を出しています。

この時に身体に良い炭酸水をしっかり飲んでいると、体内の循環はキレイな流れとともに浄化されます。

私たちが食事を摂ると、体内で燃焼されてエネルギーに変わります。

ブドウ糖が酸素と化学変化を起こして、最終的に水と炭酸ガスになります。

これらの循環を炭酸が円滑に運んでくれる働きをすると考えられています。

体内の代謝が良いということは、体中の水分巡りが良くなるということです。

水分の巡りが良くなると、身体が若々しくなり活気に満ち溢れます。

そして、体内のいらない老廃物を早く外に出せて顔色もよくなり、美容に健康に優れているということなのです。

まさしく、炭酸水とは体内をキレイに変身させる「体内美容液」なのです。

炭酸水を飲んで尿を出すことで体の内も外も綺麗になる

炭酸水を多く飲むことによってトイレも近くなります。水分も多く摂れば尿意が増えるのは自然なことで問題はありません。

トイレの度に内臓が綺麗に洗浄されるのですから、むしろ回数が少ないよりも多いほうが望ましいことです。

炭酸水をしっかり飲み、尿もしっかり出すことの繰り返しで、個人差もありますが2~3ヵ月もすれば炭酸水ダイエットの効果を実感できるはずです。

炭酸水を飲んで「むくみ」を解消する

多くの女性を悩ませる代謝不良の一つに「むくみ」があります。

このむくみは多くの人が「水を飲み過ぎると身体がむくんで太る」と思っているようですが、これは間違いです。

むくみのメカニズムをしっかり知って、むくみを解消しながら太らない身体を目指しましょう。

私たちの血液は心臓から送り出されています。そして身体には血液を循環させるために動脈と静脈があります。

動脈は血液を心臓から送り出す最も太く重要な血管で、栄養分や酸素を細胞に送る働きをしています。

静脈は、毛細血管から発生した静脈血を心臓に送るための血液で、老廃物や二酸化炭素を回収する働きがあります。

また、動脈や静脈による血液の循環とは異なる体液の経路にリンパ管があります。

リンパ管は体液を全身に巡らせる働きがあり、毛細血管からしみ出した身体に必要な組織間液(水と塩分)を、リンパ液として回収し、再び静脈に戻す働きをしています。

老廃物の回収経路である静脈と、リンパ管の働きが鈍くなると、組織間液が回収されずに細胞内にたまり、これが慢性化することでむくみ(浮腫み)という症状をもたらすのです。

このように、リンパ液の流れが悪くなると身体がむくむようになります。

そのうえ老廃物が溜まり、便秘がちになるので、お腹もポッコリと出てきます。

水分不足や血流の悪さがむくみの原因

もうおわかりだと思いますが、水を飲みすぎているからむくむのではなく、水分が足りなかったり血流が悪いので「むくみ」が起こっているのです。

そのため、水分摂取を控えるのではなく、水分代謝のよい身体になることが大切といえます。

炭酸水は水分補給とともに飲むと、血流が良くなり老廃物を尿で排出しやすくなります。

水分(炭酸水)を飲み過ぎて太ることはありません。

水を飲めば確かに飲んだ後はは水の分で体重は増えるでしょう。

しかし、この状態を「太った」とは言いません。

脂肪の多い肥満体の人は、ふつうの人よりも10%も水分量が少ないのです。

体内の水分量が元から足りず、水の循環が悪化して、さらなるむくみと肥満を招いています。

炭酸水を飲むことで新陳代謝が高まります。

血液循環も良くなり、老廃物が排出されむくみもなくなり綺麗にダイエットが出来ます。

炭酸水を飲んで血流を促進しダイエット

女性は更年期に限らず、手足や腰の冷えを訴える人が少なくなりません。

更年期になると、さらに症状がきつくなる人がいましょう。

また、これまでは冷えの症状を感じなかったのに、年齢を重ねるごとに冷えを感じるようになった人もいます。

足首やつま先が冷えて、夏でも熱い靴下が欠かせない、冬はこたつに入っても足が冷たいという人もいることでしょう。

男性よりも筋肉の量が少ない女性は、身体の燃焼能力が低く、冷え性になりやすい体質があります。

この体質に運動不足が加わって筋肉を動かさないでいると、ますます身体は冷えやすくなることでしょう。

私たちを悩ます「冷え性」は、血液の循環が悪くなることから起こります。

体内の水分は主に、リンパ線を通って回収され、鎖骨下静脈から静脈を抜け、腎臓でろ過されて排出されます。

リンパ線そのものには運動能力はありませんが、リンパ液を流すのは、筋肉と静脈の流れですので、筋肉が動かなくなると流れは止まります。

また、静脈の流れが鈍くなると、リンパ液の流れも悪くなりましょう。

冷えは血液の循環が悪くなって引き起こされるので、冷えを感じた時は水分を運ぶリンパ液の流れも悪くなっているのです。

血液の循環の悪さからくる「冷え」は炭酸水を飲んで血液中の二酸化炭素を上げることです。

体内に「大変だ!酸欠だ!酸素濃度を上げなくては!」だと思わせて、血液をどんどん流れるようにしてあげるのです。

炭酸水を飲んで血流がよくなると、末端にも血液が行き渡り、冷たくなった手や足も次第にポカポカと温まることでしょう。

冷え性を改善するために炭酸水は、起床時、朝食と昼食の間、昼食と夕食の間、就寝する1時間ほど前にコップ1杯の炭酸水をゆっくり飲みましょう。

ダイエットの天敵であるセルライト解消に炭酸水

私たちのダイエットの最強な天敵は「脂肪」ですね。

その脂肪の中でも、鏡にうつる「セルライト」の存在ほど悲しいことはないかもしれません。

そもそも私たちを悩ます「セルライト」とは何者でしょう。

セルライトの正体は脂肪細胞のまわりに老廃物や水分がたまった塊です。

この塊は驚くことに、成人女性のなんと8割にみられる症状なのです。

多くの女性が悩むわけですね。

太った女性に多いセルライトですが、中には痩せている女性にもできることがあるようです。

肌の表面がでこぼこした状態になり、みかんの皮に似ていることから「オレンジピールスキン」とも呼ばれていいます。

セルライトは表皮に近い部分にのみ着く性質があるため、見た目にも大変目立ってしまいますね。

足は細いのにセルライトがあるために着られる洋服が限られてしまうのは、とても残念なことです。

セルライトは脂肪細胞にからみついて肥大化し、毛細血管を圧迫します。

そのため、リンパ液の流れが悪くなり、セルライトを放っておくとますます痩せにくい体質になってしまうのです。

普通の脂肪と違い、食事や運動ではセルライトを減らすことはできません。

セルライトは冷えやむくみ、ホルモンバランスの乱れや血行不良などが原因になりますので注意したいものです。

セルライトと冷え性の関係

私たちの天敵セルライトができないようにするにはどうしたら良いでしょうか。

それには、「冷え」を改善することが大切です。

血行不良や代謝の低下から招くセルライトは、冷え性の人で、血行が悪く冷えやすい部分にできやすい症状なのです。

セルライトの改善のため、新陳代謝を高める炭酸水を飲むことをおすすめします。

セルライトが身体につくのを予防するには、トランス脂肪酸を含む食品(酸化した油)などを避けて、身体に良い炭酸水をたっぷり摂ることです。

身体に良い水は、体内の老廃物を流し去るだけではなく、脂肪分を溶かす働きや、器官の機能を向上させる効果があります。

それによって、基礎代謝力が向上してセルライトをはじめとした脂肪を溜め込む体質を改善してくれます。

炭酸水は血流を促して、身体の末端まで血液を行き渡らせます。

炭酸水を飲んで、体内の血行がよくなるとともに、冷えも次第に改善していくことでしょう。

炭酸水とリンパマッサージでセルライトを撃退する

セルライト対策に行ってほしいのは、炭酸水を飲みながらの冷え改善のリンパマッサージです。

ひざから太ももをさするリンパマッサージをすることで、冷えている場所に血液がめぐるようになり、悲しいセルライト退治ができます。

セルライトは、冷えやむくみと同じく血流の悪さからくる症状です。

炭酸水を飲むことで血液中の二酸化炭素濃度が上がり、血液がスムーズに流れるようになります。

血流がよくなると、末梢にも血液が行き渡るので手足が温まることでしょう。

炭酸水による冷え性対策やセルライト対策は女性はもちろんのこと、男性にも同様の効果が得られます。

炭酸水を飲んで食べ過ぎを防ぐ

炭酸水ダイエットの魅力として、栄養バランスを無視した極端な食事制限が無いことです。

炭酸水を毎日の生活の中に自然に取り入れていくというシンプルな実践で効果が得られるダイエットです。

炭酸水を飲むだけなので決して無理がなく、しかも確実に成果が期待できるダイエットなのです。

初めて炭酸水ダイエットを実践する場合、まずは食事の前に飲みましょう。

満腹感を感じやすくなり、食べ過ぎが抑制されるのがすぐに実感できます。

そして炭酸水に慣れてきたら、普段の生活の様々なシーンに、炭酸水を積極的に取り入れていきましょう。

1カ月後、2カ月後と日を追うごとに、炭酸水ダイエットの効果を劇的に実感することでしょう。

※炭酸水はノンシュガー、ノンカロリーを厳守しましょう。

※ノンカロリーとなっていても人口甘味料の含まれた炭酸飲料では炭酸ダイエットの効果を最大限活かすことが出来ません。

食前に炭酸水を飲めば食べ過ぎにならない

お家での食事に限らず、外食などの際も食前に炭酸水をたくさん飲んでおくことで食べ過ぎを防ぐことが出来ます。

また、炭酸水をこまめに飲んでいると新陳代謝が活発になり、脂肪も燃えやすくなります。

食事の前に炭酸水を飲むことで炭酸ガスによって胃が膨らみます。

すると脳が「もうお腹いっぱい!」と判断します。

このように炭酸ガスが体内に取り込まれることによって、満腹中枢が刺激されて食欲を抑えられ、結果的にダイエットへとつながります。

炭酸水を飲む目安として食前に300ml以上500mlの炭酸水を飲むだけで大変効果的です。

食事のときだけでなくお腹が空いた時にも炭酸水を飲むと、お腹が膨らんで満たされた気持ちになり、無駄な間食を防ぐことが出来ます。

注意点としては、100ml程度の炭酸水を食前に飲むと、かえって胃が刺激されて食欲を増進させてしまいます。

炭酸水を飲むタイミングは「食前」がダイエットの秘訣

お腹いっぱい食事をしないと気がすまなかったり、宴会やお酒の席で、ついつい調子に乗って食べ過ぎてしまう場合がありますね。

腹八分目と分かっていても、やっぱり美味しい食事は大好き。そして後悔の繰り返しの日々を過ごしている人もいることでしょう。

そんな人には(もうお腹いっぱいだから食べれません。胃の中はギュウギュウです)と、満腹感を感じさせてくれる炭酸水ダイエットはとても効果的です。

脳には、食べることをセーブする働きがあり、その働きは「満腹中枢」と呼ばれます。

炭酸水を飲むと、満腹中枢に効率よく素早く働きかけ、食べ過ぎを防いでくれるのです。

また、お腹が空いた時に炭酸水を飲むと、満腹感を得られるので間食を防ぐことが出来ます。

なぜ炭酸水を飲むと満腹感を感じるのか

炭酸水が胃に入り体温によって温められると、胃の中で炭酸ガスがシュワシュワと気泡化を続けます。

炭酸には、温度が低いと容易に水に溶けだし、温度が高くなると二酸化炭素つまり炭酸ガスという気体になるという性質があります。

炭酸水を飲むと、炭酸ガスで充満した胃は膨らみ続け、脳にある満腹中枢が「お腹いっぱい‼」と判断します。

炭酸水を飲むことによって、意識せずにこのように満腹中枢が速やかに働くので食欲は抑えられダイエット効果になるのです。

炭酸水ダイエットと食物繊維でダイエット効果倍増

炭酸水は水溶性の食物繊維と結びつく働きがあります。

これは、脂肪と糖質が体内に吸収されるのを抑えてくれる作用があるので、積極的に食物繊維を摂りたいものです。

水溶性の食物繊維は、わかめ、納豆、さつまいも、青菜、こんにゃくなどに多く含まれています。炭酸水とともに、食物繊維を一緒に食べましょう。

そうすればさらに炭酸水のダイエット効果を高めることが出来ます。

炭酸水のリラックス効果でよりダイエットがしやすくなる

仕事や家事の合間のひと時に、何を飲んでいるでしょうか。

コーヒー、紅茶、ジュース、スポーツドリンクなど、生活スタイルや好みによって、飲みものは人それぞれですね。

ところが、ストレスを感じた時こそ炭酸水がぴったりなのです。

炭酸水の「シュワシュワ」する爽快なのど越しが、精神のリラックスに効果があるということが実験で証明されています。

喉に感じる「シュワシュワ」の爽快感が脳に届くと、副交感神経が働いて、ただちにリラックスモードになれるのです。

家事や育児で疲れたとき、イライラして怒りたくなるとき、そして仕事で疲れたときなどは、炭酸水を飲んでリフレッシュしましょう。

ストレスはダイエットの大敵です。

炭酸水の効果の一つであるリラックス効果を活用すれば、よりダイエットが成功します。

女性ホルモンのサイクルを知って炭酸水ダイエットを成功させる

ダイエットを実行し成功させる効果的な「時」があることを、あなたはご存じでしょうか。

生理の周期とダイエットは深く関係しているものなのです。

炭酸水ダイエットは生理前や生理中は効果があるの?

日ごろから炭酸水を飲んでダイエットを目指す私たちですが、生理がくるとダイエットの気持ちが遠のいてしまいそうですね。

女性ホルモンの影響で生理前から生理中の女性の身体は大変デリケートにできています。

さらにこの時期は体調不良になりやすい時期でもあります。

高温期(基礎体温が高い時期)には、プロゲステロンの分泌が増えるために身体はむくみやすく、体重は増加しがちになります。

身体だけでなく、心も不安定になりがちになりますね。

生理を挟んだ前後およそ1週間は、ダイエットをしいても体重の減らない停滞期です。

しかし、生理中だからこそ炭酸水が効果を発揮してくれます。

生理前や生理中に炭酸水を飲むことで、生理中に起こりやすい「むくみ」や「冷え」「便秘」そして「イライラ」などの不調が改善されます。

生理前や生理中に飲む炭酸水の飲み方もダイエット目的と同じように、「食前」と「食中」に飲むことをおすすめします。

食事を始める5分前から10分前に、300mlほどの常温の炭酸水をたっぷり飲みましょう。

生理前と生理中は体重が増えやすい時期ですが、炭酸水を飲むことで満腹感が得られるので食べ過ぎを防いでくれます。

また、炭酸は水溶性の食物繊維と結びつきますので、糖の吸収を抑えてくれます。

このように炭酸水は生理中の女性にとっても、ダイエットに協力してくれる強い味方なのです。

炭酸水ダイエットで便秘を解消する

腸は「第二の脳」とも呼ばれ、栄養や水分、老廃物の排泄などの役割をしている他、体の免疫力をつかさどる臓器として大変重要です。

腸を元気に活性化させることは、「痩せ体質」に繋がります。

炭酸水を飲んで便秘を解消し、綺麗で美しく若々しい身体を手に入れましょう。

炭酸水ダイエット便秘を解消すると痩せ体質になる

炭酸水を飲むことで胃の粘膜(胃の内側にある壁)が刺激を受けて充血されていきます。

胃が充血されると胃の粘膜から炭酸が浸透していき、胃の血管そのものが、さらに広がっていき血液環境が増えていきます。

血液環境が増えて血行が促進されるということは、胃の血流がよくなっていくということです。

すると胃と腸は連動して動きだし、いよいよ体内の消化活動が勢いよく働き出します。

この時に、腸が栄養素を吸収しなかったら、体内の細胞が効率よく働くことはできなくなるため、体内でのエネルギー活動が低下していきます。

例えば、原料はいっぱいありながらも、大切な燃料がなくて製造が進まない工場のようなものかもしれません。

処理されない原料は、ますます古くなりながら溜まっていきます。

つまり老廃物が体外に排出されないと、溜め込みややすくなり、当然に身体は太っていくということになります。

炭酸水を飲むと、必要な水分や栄養素は吸収され、不必要な老廃物は体外にスムーズに排出されやすくなります。

このように、炭酸水を飲むことで便を押し出すための「ぜん動運動」が活発に働くのです。

ぜん動運動が活発になるということは、体内の便が排出されやすくなるということなのです。

炭酸水ダイエットで便秘を解消するとウエストが綺麗になる

炭酸水は整腸作用として働き、便の水分が腸に過剰に吸収されにくくなります。

炭酸水を飲むと瞬く間に胃の血行が良くなり、胃腸の連動運動が働いて、便を押し出すための「ぜん動運動」が活発になります。

ぜん動運動が活発に働くならば、自然に便秘も解消します。

便秘が解消するとポッコリお腹も引っ込み、ウエストに綺麗な「くびれ」が出来てきます。

便通が良くなることで、体内の代謝がアップし体重も落ちるので、炭酸水による便秘解消はダイエットになります。

心地良い快便をするために、炭酸水を、朝の目覚めとともににコップ1杯飲みましょう。

これまで寝起きに水を飲む習慣のある人は、水を炭酸水に替えるだけでよいですね。

なお、便秘の最大の原因は、水分不足からくる代謝の悪さです。

便秘がちの人はもちろん、慢性の便秘の人も、朝の起き抜けだけでなく、朝食時にも炭酸水を飲むようにしたいものです。

便秘を解消して、美しい身体とくびれを手に入れましょう。

炭酸水ダイエットで血管&血液のキレイを目指す

「綺麗な肌になりたい」「体重を減らしたい」など、美を磨きたい女性たちに1番に知って欲しいのが、「血管の老化」です。

私たちの気づかないところで、血管の老化は静かに進んでいます。

医学の世界では「人は血管から老いる」という言葉があります。

そして老化の進んだ血管は、そうは簡単に元に戻るのは難しいのです。

血管が老化すると、血管内が狭くなったり、本来のしなやかさが失われてしまい血液がスムーズに流れなくなります。

体内の血液の流れが悪くなると、ある日突然、脳梗塞や脳卒中、狭心症などの生命にかかわる病気として発症する危険が高まります。

さらにこの血管の老化は不適切な生活習慣や食事を続けていると、ますます加速することになりましょう。

しかし、炭酸水を飲むことで、浸透した炭酸が血管に入り、血管の内側を刺激します。

すると血管拡張ホルモンである「プロスタグランジンE2」が分泌されて、血管が拡がり血流量が増えていきます。

血管・血流が良くなれば肌も綺麗になる

血流がよくなると、身体の血行が改善されます。

言い換えるならば体内の細胞に、酸素や栄養分が行き渡ることになり、体内の血めぐりが良くなるということです。

炭酸水を飲むということは、血管の老化をくい止め、代謝のよい健康で若々しい身体へと導いてくれるということです。

血管の状態は健康に直結しており、美容やダイエットにも大きく影響があります。

炭酸水ダイエットは体重減少だけではなく、血管の老化を防ぎ綺麗で若々しい体にしてくれます。

ダイエットとして炭酸水を飲む量は1回に500mlまで

炭酸水は水と二酸化炭素(炭酸ガス)でできているので、身体に害はありませんが、1度に飲む量が1,5ℓ以上になると悪影響がでる可能性があります。

血液中に炭酸ガスが急に増え過ぎると「炭酸酩酊=たんさんめいてい」といって酔った状態に陥ってしまいます。

しばらくすると治りますが、炭酸水を1度に飲む量は500mlまでにおさえましましょう。

炭酸水ダイエットの注意点 炭酸水の飲みすぎについて

ダイエットのためにも健康維持のためにも「水分」の摂取は大変重要です。

ただし、腎臓に疾患のある人は利尿作用の強い硬水系の炭酸水の飲用には注意が必要です。

硬水は腎臓に負担がかかる可能性があるので軟水による炭酸水をおすすめいたします。

さて、私たち炭酸水ダイエットをしている人の中で勘違いしやすいといえば、「炭酸水を多く飲めば痩せられる」ということでしょうか。

しかし炭酸水を多く飲みすぎることは健康な方でも悪影響がでる可能性があります。

炭酸水の過度の飲み過ぎは「炭酸酩酊=たんさんめいてい」といって、血中に炭酸ガスが増えすぎてしまい、酔っぱらった状態に陥ってしまいます。

さらに限度以上に炭酸水を飲み続けるならば、体内血液のナトリウム濃度が低下し細胞が水浸しになって身体はむくんできます。

これが重症になると嘔吐をはじめ頭痛、呼吸困難、精神異常、けいれん、意識障害等を起こし最悪は死にいたる危険もあるのです。

炭酸水ダイエットの効果を最大限に発揮するためにも、1回に飲む炭酸水の摂取量を守りましょう。

糖質ゼロやゼロカロリーの炭酸飲料ではダイエットできない

糖質ゼロやゼロカロリーと書かれた飲み物や食品があります。

しかし、これらに使用されている「アスパルテーム」をはじめとする人工甘味料は、研究によると、体重増加の一因となりうるとの結果がでています。

そして、糖尿病をはじめとする様々な生活習慣病のリスクも高まるという研究結果も出ています。

通常、炭水化物を十分食べると、セロトニンという脳内物質が分老津されて満腹感を得ますが、炭水化物と人工甘味料を同時に食べると、その分泌が阻害されるため、かえって食べ過ぎてしまいます。

また「0カロリー」と書かれていても100mlあたり5キロカロリー未満であれば0カロリーと表示できます。

そのため、0カロリーのつもりがカロリーを摂取していたといことにもなります。

このように、カロリーゼロを伝えている人工甘味料が入った炭酸飲料ではダイエット効果を得ることが出来ません。

炭酸水ダイエットは必ず人工甘味料などが入っていない炭酸水で実践しましょう。

炭酸水ダイエットのルールと注意点

①腎臓に疾患のある人は硬水の炭酸水は厳禁です。

②一度に大量の炭酸水を飲むと「炭酸酩酊」のほか「水中毒」という非常に危険な状態になりかねません。

1日3ℓ以上の水、および炭酸水は飲まないように注意してください。

③炭酸水を飲むと尿も出やすくなりますが、尿意を我慢してはなりません。

炭酸水を飲み、尿もしっかり出すことを繰り返すことで、個人差はあるものの、およそ1カ月もすれば炭酸水ダイエットの効果をかなり実感できることでしょう。

④硬水炭酸水は、就寝前には飲まないようにしましょう。

就寝前は、身体に負担のない軟水の炭酸水をおすすめいたします。

炭酸水ダイエットを毎日実践できるように炭酸水を自分で作る

炭酸ダイエットは毎日実践すると高い効果を得られます。

ペットボトルや瓶の炭酸水を購入するのも方法の一つですが、経済的に炭酸水ダイエットを実践する方法として「炭酸水を作る」というのがあります。

炭酸水の作り方は2つです。

1つ目は重曹とクエン酸を利用した方法でです。

2つ目は炭酸メーカーや炭酸サーバーといった、炭酸水を作る機械で作る方法です。

どちらの方法もコストを下げることが出来ます。

重曹とクエン酸の健康効果

炭酸水を作る際に必要な「重曹」と「クエン酸」にはどのような健康効果があるのでしょうか。

重曹の健康効果とは?

この「重曹入り炭酸水」とは、軟水に炭酸水素ナトリウム(重曹)とクエン酸を加えて作った炭酸水です。

重曹は、水に溶けると弱アルカリ性になります。私たちの体内は、健康な人であれば弱アルカリ性に保たれています。

しかし、病気の人や疲労の濃い人、体調不良の人の身体は酸性に傾きやすくなります。

身体が酸性に傾くと、本来人間持っている「自然治癒力」が弱くなり、体調の変調はますます来すようになります。

そのような酸性に傾いた身体を中和させて、体内をアルカリ性に戻す働きが重曹にはあります。

クエン酸の健康効果とは?

クエン酸とは、お酢や梅干し、レモンに代表されるように「酸っぱさの代名詞」ともいえましょう。

昔から、「梅はその日の難のがれ」や「医者を殺すにゃ刃物はいらぬ、朝昼晩に梅を食え」などといわれる梅干しの効能は、大半がクエン酸などの有機酸の働きといわれています。

酸っぱさの代表であるクエン酸は、疲労回復効果や生活習慣病などの症状を和らげる働きをもちます。

重曹とクエン酸で炭酸水を作る方法

重曹やクエン酸もドラッグストアやスーパー、インターネット等で「医薬品」として売っています。

価格は500gでおよそ500円程で購入できます。

作り方は、重曹とクエン酸各1gをコップに入れ、冷えた水200mlを注いでよく混ぜるだけです。

炭酸の泡が少ないと感じたら、水の量を減らしてみてください。これで炭酸水ダイエットが手軽にできる炭酸水のの出来上がりです。

なお、重曹の1日に摂る摂取限度が5gと決まっています。

ですので、飲みすぎにはくれぐれも注意が必要です。

また、飲むたびに新しく作るようにして、作り置きはしないようにしましょう。

重曹とクエン酸を使って自宅で炭酸水を作る方法は、大変経済的でお手軽です。

炭酸水製造機・炭酸水メーカーを使う方法

いわゆるソーダマシンです。人工的に作られる炭酸水は、炭酸ガスに水を溶け込ませて作られておりますが、ソーダマシンは自宅で簡単に炭酸水が作れます。

ソーダマシンに専用のカートリッジを装着して、水を入れたボトルに直接ガスを注入すると炭酸水が出来上がります。

ソーダマシンによっては、炭酸の強さを調節できるタイプもありますので、あなたに合ったマシンを見つけてみてくださいね。

ソーダマシン本体価格は、およそ7000円~2万円程度です。炭酸ガスのボンベ(カートリッジ)が10本入りで500円~1200円程度です。

一度に1ℓほどの炭酸水を作ることができて、そのまま冷蔵庫で冷やすこともできます。

さらに飲みたい時に飲みたい分だけ作ることができるので大変人気がある商品です。

コストは1ℓあたり50~80円なので経済的にも嬉しいですね。なおソーダマシンは、ホームセンターやインターネット通販で購入できます。

ソーダマシンで高濃度の炭酸水を作るポイントは、冷蔵庫でキンキンによく冷やした水を使うことです。

出来上がった炭酸水は、濃度が下がらないうちに早めに飲みましょう。

なお、炭酸水の作り方に関しては「炭酸水の作り方」にてより詳しくお伝えしています。

ぜひ、御覧ください。

炭酸水を美味しくする炭酸水アレンジ

大きなペットボトルの炭酸水は、飲みきれなくて余らしてしまうことがありませんか?

次回に飲もうとすると、炭酸が抜けてきて美味しさが半滅することもあることでしょう。

また、重曹とクエン酸で作ったお気に入りの自家製炭酸水も飽きて美味しさを感じなくなることもありますね。

そんな時こそ炭酸水を美味しく変身させて、オシャレに可愛く美しく頂きましょう。

ハチミツレモンソーダ

作り方

①事前にレモンは薄い輪切りにして、ハチミツに漬けておく。

②グラスに氷を加え、炭酸水150ml~200mlを注ぎ入れる。

③搾りたてのレモン1個分の汁とハチミツを適量入れて、レモンの輪切りをグラスに飾る。

④レモンのハチミツ漬けを潰しながら飲む。

レモンの酸味が炭酸水にマッチして、とてもさっぱりと美味しい味わいです。

ジンジャーエール

作り方

①ショウガ1かけ(およそ20g)を皮ごとすりおろす。

②すりおろしたショウガの汁とお好みでハチミツをグラスに入れる。

③炭酸水150ml~200mlを静かに注ぎ入れる。

ショウガの分量を多いとドライジンジャーエールになって身体がポカポカ温まります。風邪予防や冷え性の女性にも効果的ですね。

ジンジャーレモンソーダ

上記の「ハチミツレモンソーダ」と「ジンジャーエール」をミックスさせてダイエット効果を高めましょう。

作り方

①ショウガ1かけを皮ごとすりおろす。

②レモン1個分の汁を搾る。

③ショウガのすりおろしとレモン汁をグラスに入れて好みでハチミツを加える。

④グラスに炭酸水を注ぎ入れて混ぜる。

ショウガとレモンのw効果で、身体を温めて代謝をアップさせる効果があります。ダイエット効果に飲むには食前ですが、間食予防にも飲みたい一品です。

ヨーグルトソーダ

作り方

①グラスに市販の「飲むヨーグルト」を100ml入れる。

②炭酸水を入れて混ぜる。

便秘予防にも試してみる価値がありましょう。お好みでフルーツを入れても美味しくいただけます。

オレンジサワー

作り方

①オレンジ1個は外皮と薄皮を取る。この時、オレンジの白い筋はなるべく丁寧に取りましょう。出来上がりが美しく見えます。

②外皮と薄皮を取ったオレンジは、適当な大きさに切ってグラスに入れる。

③氷を加えて、炭酸水を注ぎ入れる。

④お好みでハチミツを加えて飲みやすくしましょう。オレンジを潰しながら飲む。

砂糖や添加物を入れないので、大変ヘルシーで健康的な飲み物になります。

ブルーベリーソーダ

作り方

①市販に売っている「フローズンタイプ」のブルーベリー大さじ1杯をグラスに入れる。

②炭酸水を加えていただく。ミントの葉を浮かべると綺麗。

甘さが欲しい時には、市販のブルーベリージャムを加えましょう。

キウイフルーツサワー

作り方

①熟したキウイフルーツは皮をむいて適当な大きさに切ってグラスに入れる。

②氷を加えて、炭酸水を注ぎ入れる。

③お好みでハチミツを加えて、キウイフルーツを潰しながら飲む。

フルーツは静かに優しく潰しましょう。レモンの輪切りも添えて、キウイフルーツサワーを美しくしてあげましょう。

コチャソーダ

作り方

①市販の「ゆず茶」をティースプーン2杯ほどグラスに入れる。(好みに合わせて加減しましょう。)

②氷を加えて、炭酸水を注ぎ入れる。

風邪予防や疲労回復にも良いですね。ミントの葉を浮かべましょう。

豆乳炭酸水

作り方

①市販の豆乳をグラスに入れる。

②氷を入加えて、炭酸水を注ぎ入れて軽く混ぜたら出来上がり。

豆乳には、女性ホルモンの働きを補うイソフラボンや、良質のたんぱく質など栄養がギッシリ詰まっています。豆乳が苦手な人にも、炭酸水と合わせるとスッキリと飲みやすくいただけます。

マシュマロソーダ

作り方

①市販のマシュマロ4個をグラスに入れる。

②好みでハチミツを加えて、炭酸水を注ぎ入れる。ミントの葉も浮かべましょう。

マシュマロは、イチゴ味やチョコレート味等好みでどうぞ。たまには気分転換もいいですね。

炭酸水スムージー

作り方

①プレーンヨーグルト200gはザルにあけてしっかり水切りをしておく。

②一口大にカットしたフルーツと製氷皿等に入れた炭酸水を冷凍庫で凍らせておく。この時のフルーツは、いちごやキウイ、パイナップルなどお好みのものでOK。

③炭酸氷とフルーツ、ヨーグルトをミキサーに入れて混ぜる。

おやつの代わりとして大変美味しくいただけます。お子様にも喜ばれそうですね。

炭酸ワイン

作り方

①よく冷えたシャンパングラスにワインを注ぐ。

②さらに、ゆっくりと炭酸水適量を注ぎ入れて、軽く混ぜる。

炭酸ワインは、赤ワインでも白ワインでもOK。辛口ワインと合わせると、さっぱりとした大人の雰囲気が味わえます。

炭酸水ダイエットの効果最大化する、酢パークリングダイエット

飲むだけでダイエットできることはもちろん、ウエストに綺麗にくびれがついて、お肌も美しく身体も健康になる方法が「酢パークリング」と言われるダイエット方法です。

「酢パークリング」とは、順天堂大学の小林弘幸教授が発案された、炭酸水と酢を合わせて飲む飲料のことです。

ダイエットはもちろんのこと疲労回復や高血圧予防効果が注目されて、「酢パークリング」を飲む健康法が秘かなブームになっています。

炭酸水の満腹作用と腸のぜん動運動促進パワーでお通じを促し、酢の持つ皮下脂肪減少と内臓脂肪減少パワーを融合させたダイエット方法です。

酢パークリングの凄いダイエット効果

炭酸水の最も代表的なメリットは、お通じをよくする作用があるところです。

炭酸水を飲むことで、胃の粘膜が刺激を受けて充血をおこします。

そして胃の血液循環がよくなるために、胃腸のぜん道運動が促されて消化の働きがよくなるのです。

つまり炭酸水を飲むことで、胃腸のぜん道運動が活発になりますので快便になるということです。

さらに、お酢に含まれる酢酸には、肥満の大敵である内臓脂肪や皮下脂肪を減少させる働きがあります。

炭酸水ダイエットそのものは通常、食前に300mlの炭酸水を飲むだけでも満腹中枢が刺激されて、ダイエット効果が期待できます。

ですので、酢パークリングダイエット効果を得るためにも、1回に250ml~300mlを飲むのが良いでしょう。

食前はもちろん、食中や食後にも酢パークリングダイエットの効果は期待できます。

なお、1日の酢パークリングを飲む量は、1.5ℓを目安としましょう。

ダイエット効果を急ぐあまり、いきなり1.5ℓを決して飲まないように注意が必要です。

血中に炭酸ガスが一気に増えすぎると、「炭酸酩酊」といって、酔っぱらった状態に陥る恐れがあります。

くれぐれも無理のないように、あなたの体調に合わせて行いましょう。

炭酸水と酢の働きで脂肪の増加を抑えてダイエット

炭酸水と酢のダイエット効果を具体的にご説明いたします。

酢に含まれる「酢酸」「クエン酸」「リンゴ酸」が体内に入ると、「クエン酸サイクル」と呼ばれる作用が働きます。

クエン酸サイクルとは、脂肪、炭水化物、たんぱく質などの栄養素を分解してエネルギーに変えていく働きのことをいいます。

カロリーが高いものを食べても、脂肪などが身体に溜まらなくしてくれるだけでなく、体内に溜まった体脂肪も分解する働きがあるのです。

このクエン酸サイクルは、炭酸水とともに摂取することで活発に働いてくれるのです。

そもそも炭酸水を飲むと、胃の内側にある壁(内壁)に炭酸ガスの刺激を与えます。

胃への刺激と同時に内壁から炭酸が浸透していき、胃内の血管そのものが広がっていくのです。

炭酸水によって胃の血行が改善されると、胃と腸が連動して活発に動き出すとともに消化活動も活発になります。

炭酸水によって消化活動が活発化するとともに腸のぜん動運動を促して便通がスムーズになるのです。

さらに、体内の血行を改善する働きを持つ炭酸水と、血液をサラサラに保つ働きをする酢をWに取り入れることでクエン酸サイクルもさらに向上するのです。

つまり、酢に含まれるクエン酸サイクルを最大限に働かせる、とっておきの飲み物が炭酸酢=酢パークリングなのです。

酢のダイエット効果における研究結果

酢は主に穀物や果実をアルコールで発酵させて、酢酸菌で発酵させて造られています。

なお、酢独特の酸っぱさも酢酸によるものです。この酸っぱさが、お腹の脂肪に効いてウエストを細くさせるのです。

酢を販売している国内大手メーカー「ミツカン」の研究によると、少し太めの対象者達に12週間、酢酸を入れた飲料を飲んでもらいました。

この酢酸は、大さじ1杯の酢に相当するものです。すると、対象者達の内臓脂肪が減少しました。

さらに、大さじ2杯に相当する酢酸を飲むことで皮下脂肪をも減少していくことがわかったのです。

酢の成分といえば、酢の文字が使われているように酢酸が中心です。

酢酸もクエン酸も尿素を持った、有機酸と呼ばれる食用酸の仲間です。

この酢酸が食後の血糖値の上昇をゆるやかにさせる働きがあり、血圧を下げる作用及び、高めの血中脂質を下げる働きがあるのです。

また、酢は肝臓などの細胞内で脂肪の合成を防ぐ働きとともに、脂肪の分解を促進する働きを持っています。

このことからも、酢は内臓脂肪をも減少すると考えられているのです。

炭酸水プラス酢の相乗効果でダイエット

なぜ私たちは痩せる必要があるのかというと、肥満によって引き起こされる高血圧、動脈硬化、糖尿病、肝臓病などの病気が多いことと、すっきりとした身体で美しくありたいという強い思いからでしょう。

とはいえ、せっかくダイエットができても、健康が増進されずに肌もガサガサで美しくもなかったら、かえって逆効果です。

痩せることばかりにとらわれてしまうと、本来の「健康的に美しく痩せる」という目的を忘れてしまいがちになります。

私たちの大敵「肥満」は、体内に取り入れ過ぎた炭水化物や糖質が脂肪に変わり、皮下脂肪として蓄積されたものです。

ですから、炭水化物や糖質が脂肪細胞に変わろうとするのを防いでしまえばよいのです。

それが肥満予防になり、また脂肪細胞ができてしまったら、これを分解してあげればよいのです。

この両方の働きを持っているのが炭酸水と酢の相乗効果である「酢パークリングダイエット」です。

なお、肥満には女性に多い「脂肪太り」のほか、身体に余分な水分が溜まっている「水太り」体質の人いることでしょう。

炭酸水や酢にも利尿作用がありますので、水太りの解消になります。

酢パークリングの作り方

①炭酸水500mlのペットボトルに大さじ1杯の黒酢または純粋玄米酢を入れます。(これでおしまいっ)とても簡単ですね。

酢パークリングが飲みにくいと感じた場合は、レモンを少量絞って加えると、大変爽やかで美味しくいただけます。

炭酸水にリンゴ酢を加えて飲むと、アップルサイダーのような味覚になって飲みやすくなりますよ。

炭酸水に入れる酢は、「もろみ酢」「純粋玄米酢」「黒酢」「リンゴ酢」の利用をおすすめいたします。

これらの酢は、肥満防止効果をはじめ、脂肪燃焼効果が抜群の酢です。

酢パークリングの注意点

酢パークリングを1回に飲む量は250ml以上が適量です。1回に飲む量の目安は500mlまでとしましょう。

酢パークリングをペットボトル内で作ったら、その日のうちに飲み切り、空になったペットボトルは処分しましょう。

酢をそのまま飲むのは刺激が強すぎますので避けましょう。

お酢を上手に取り入れて炭酸水ダイエットの効果を高める

酢の独特の酸っぱさこそ、唾液や胃液に分泌を盛んにして食欲を増進させて、食べたものの消化を促進させる働きがあるのです。

お酢とお同じように、「酸っぱさ」を感じるものは何を挙げられますか?。

酢の他に酸っぱさの代表といえば、梅干し、レモン、それから夏みかんでしょうか。

これらの食品はすべてアルカリ性食品で、身体の働きを活性化させる作用を持っています。

妊娠したとたんに(何だか酸っぱいものが食べたい…)と感じるのも、身体が持つ自然の働きによるもの。

酸性に傾いた身体を無意識のうちにアルカリ性に戻そうという現象なのです。

健康な状態の身体は、弱アルカリ性に保たれているものですが、私たちの食生活は少しずつ乱れがちになり、またストレスの多い社会の中にあって、次第に酸性化しつつあります。

身体が酸性に傾くと、血液がドロドロになり、高血圧やコレステロールの増加の原因にさえ繋がります。

そこで注目をしたいのが、お酢の働きです。

酢は体の酸性化を防ぐ

お酢を摂ることで、血液や身体が弱アルカリ性になるだけでなく、中性脂肪の蓄積が抑えられて血液がサラサラになります。

さらにお酢には、コレステロールが血管に溜まるのを防ぐ善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす働きをします。

これは、お酢に含まれるリジン、アラニン、ロイシンなどのアミノ酸によるものです。

アミノ酸が脂肪の合成を抑えて、脂肪細胞に脂肪をたまりにくくさせてくれるのです。

この酢こそ、悪玉コレステロールを退治してくれる強い味方なのです。

また、酢を摂り入れることで、血液や身体が弱アルカリ性になるだけでなく、中性脂肪の蓄積が抑えられて血液がサラサラになります。

コレステロールを減らすためには、動物性脂肪の摂取を制限して、定期的に運動をするのが一番ですが、とても長続きしないのが現実です。

大好きな肉を食べる時は、脂身の多い部分をなるべく避けて、酢を使った野菜や海藻サラダをメニューに加えるという、何気ない日々の食事がサラサラ血液への近道といえましょう。

酢は野菜や海藻との相性も抜群なので、オリジナルのメニューを入れて酢をいっぱい摂りましょう。

酢に含まれる10種類のアミノ酸

クエン酸の働きによって疲労回復を促す働きを持つ酢ですが、さらに優秀な働きをしてくれるのがアミノ酸です。

アミノ酸は栄養ドリンクをはじめ、多くのスポーツドリンク等にも含まれており、その効果に注目してしまいますね。

アミノ酸は、たんぱく質を分解してできるものなので、たんぱく質を多く含む米酢や穀物酢にはたくさん含まれていますが、果実酢の場合、量的にはわずかしか含まれてはおりません。

米酢や穀物酢等に含まれるアミノ酸は、グルタミン酸やアルギニン酸、アスパラギン酸等、10種類以上あります。

とりわけ、グルタミン酸は酢のうま味の元となっています。

アミノ酸の特徴は、ほんのりとした甘みがあるということです。

そのため、料理の味をまろやかにしたり、味も深みをもたらしてくれます。

特にだしとの相性が良く、だしに酢を入れることで、料理の味に一層深みが出るのです。

お酢で身体に必要な栄養素を炭酸水とともに効果的に摂り入れる

酢は、カルシウムやビタミンC、ビタミンEが調理によって破壊されるのを防いだり、身体に吸収されやすくさせるといった、まさに見えない所で力を発揮している優れもです。

特に消化吸収されにくいカルシウムを効果的に素早く取り入れるには酢がナンバーワンといえます。

では、なぜ酢がカルシウムの吸収を促すのでしょうか。

それはカルシウムと酢の酢酸が化合して、身体に吸収されやすい「酢酸カルシウム」になるからです。

また、魚や鶏肉の手羽先等を煮る時に酢を加えると、骨の中のカルシウムが身や煮付けに溶け出して、より一層カルシウムを摂取することができます。

煮魚でなく焼き魚の場合でしたら、しょうゆの量を控え目にして酢をかけることで塩分を抑えてさっぱりと美味しく頂けます。

毎日1杯の炭酸水とお酢で身体の内側からキレイにダイエット

「いつまでも若々しくて美しく綺麗であり続けたい…」というのは永遠の願いです。

その若さのポイントは、何といっても肌の美しさにありましょう。

年を重ねてくれば、肌が衰えてくるのは当然です。

健康で美しい肌は、新陳代謝が活発に行われているので、その新陳代謝も年々衰えてくるのが通常でしょう。

しかし、諦める必要はありません。

炭酸水とお酢を体内に取り入れることは、様々な面からも美肌作りが可能なのです。

新陳代謝を活発にするには体内の血行をよくすることが一番

血液は身体の隅々に必要な栄養や新鮮な酸素を供給して、代わりにいらなくなった老廃物を受け取って体外に排出する働きがあります。

ところが、年齢とともに内臓の働きが鈍くなったり、血管が弾力を失ってくるならば、次第に血行が悪くなってきます。

すると当然に、新陳代謝の働きが鈍くなり、老廃物が筋肉や肌の細胞に残ってしまうようになります。

肌の老化はこのようにして起こるのです。そこで炭酸水とお酢の出番なのです。

炭酸水を飲んで炭酸が血管に入ると、血管の内側の壁を刺激します。

さらに、血管拡張ホルモン(プロスタグランジンE2)が分泌されて血管が広がりますので、血流量が増えて血行もよくなります。

また、お酢の主成分である「酢酸」や「クエン酸」は、肌や筋肉に残った乳酸を分解して血行を円滑にする特徴を持っています。

ですから、炭酸水とお酢を毎日摂り続けているならば、瑞々しい健康的な肌を保つことができるのです。

さらに炭酸水とお酢には肌の大敵である便秘を解消する働きもあります。

胃腸の調子を整えて、便通をスムーズにしていくのです。

また、酢はシミからも肌を守ってくれます。

「シミは身体のサビ」といわれる過酸化脂質が、体内に蓄積されるのが原因ですが、お酢には、この過酸化脂質を減少させる力もあるのです。

このように、炭酸水と酢の2つのパワーで、身体の中からキレイにダイエットをしてまいりましょう。

炭酸水と酢で便秘を撃退!ヘルシーにダイエット

下腹部が張ったり、むくんできたリ…便秘は多くの女性にとって悩みのタネですね。

ただお腹が張って苦しいだけでなく、便秘をそのままにしておくと、体外に排出されるはずの老廃物が体内に吸収されて、肥満や肌荒れの原因にもなりましょう。

普段、便秘にも縁のない人であっても、精神的なストレスや環境の変化など、ちょっとしたことがきっかけで便秘になることがあります。

便意とは、直腸に便が溜まったことを脳が感知して、それを体外に排出するように指令を出すことです。

ただし、精神的にストレスを感じると、この信号を受け損なってしまう場合もあります。

また、便意を感じた時にトイレに行くことができず、それを繰り返していくうちに便秘になってしまうこともありましょう。

便秘を解消する方法としては水を一気にたくさん飲んだり、よく冷えた牛乳を飲む方法もありますが、酢パークリングでしたら身体に優しく安心して便秘を撃退できることでしょう。

酢は体内の新陳代謝を高めてくれるので、身体にも優しく便秘にも効果的です。

酢は腸内の働きを活発にして炭酸ガスの発生を促し、便意をもよおす手伝いをしてくれるのです。

糖尿病になる前に、酢パークリングダイエット

糖尿病は、かつては一部の人がかる贅沢病とも思われていました。

しかし、現代では、どんな人をも糖尿病になりうる時代です。

現在、成人(20歳以上)の4人に1人が糖尿病(予備軍含む)と言われています。

人間の体内では、糖質(炭水化物)と脂肪、たんぱく質の3つがエネルギーとなって燃焼し、活動の源となっています。

このうち特に糖質は、すい臓から分泌されるホルモンの一種であるインスリンの助けによって、体内の各組織に吸収されてエネルギー源となっています。

したがって、インスリンの分泌が少なくなると、血液中に栄養分である糖質が利用されなくなって尿と一緒に排出されてしまいます。

これが糖尿病です。糖尿病になると、エネルギーが不足するために身体がだるくなったり、無性に喉が渇いたり、トイレが近くなったりといった症状が現れます。

糖尿病にかかってしまうと、インスリン注射等による長期の治療が必要になるうえ、厳しい食事制限もあり、食べたいものが食べれなくなってしまうのです。

また、糖尿病は3大死因である癌・心臓病・脳卒中になるリスクを高め、認知症になるリスクも高めます。

日本人で失明する原因の一位は糖尿病によるものです。

そんな辛い糖尿病にならないようにするためには、栄養のバランスがとれた食生活を送ることと、適度な運動をすることが大切になります。

そこで、毎日の食生活に炭酸水と酢を取り入れてみましょう。

糖尿病予防には、まずダイエットです。つまり食べ過ぎのコントロールが必要です。

そのためには、食前と食中に炭酸水を飲んだり、アルコールの代わりに炭酸水を飲んで食生活の改善に努めましょう。

また、酢に含まれるクエン酸には、体内に入った食物を効率よく燃焼させることで、糖質の利用率を高めて有害物質を残さない働きがあります。

酢の種類と炭酸水ダイエットに適した酢

一口に酢といっても、実に多くの種類があります。

誰もが知っている酢の王様的「純米酢」から、美容情報誌には必ず登場する「もろみ酢」まで酢は多種多様です。

もちろん海の向こうの「ビネガー」も忘れてはなりませんね。

炭酸水ダイエットを成功させるために、ダイエットに最適な酢の種類をご紹介いたします。

米酢・純米酢

米酢は米からできているだけに、味も馴染みやすく料理にも手軽に使われます。

米酢をつくる時には、まず澱粉を糖化させることから始まります。

この糖がさらに発酵すると、分解してアルコールと二酸化炭素を発生させて、お酒になります。

そしてアルコールをさらに酢酸菌が分解し、有機酸に発酵させると酢になるのです。

このように、いったんお酒を造ってから発行させる「醸造方法」の他、合成した氷酢酸(純度98%の酢酸)を水で薄めて、アミノ酸や糖類を加えた「合成酢」もあります。

醸造製法で造った酢のほうが、まろやかで味に角がありません。米酢は和食や中華料理にとても良く合います。

特に和食のデリケートな味を壊さずに素材の味を引き出すのなら、醸造製法の「純米酢」がもっとも適しているようです。

米酢は加熱すると酸味がとんでしまいます。

酸味を生かすのであれば素材を漬け込んだり和えるのが良いでしょう。

煮込み料理や焼きものには適しません。

ただし、素材を柔らかくしたり色を鮮やかにする効果が抜群です。

下ごしらえや調理過程の隠し味として重宝しますね。

なお、米酢と純米酢の違いは、酢1ℓに米、または酒粕が40g以上使われていれば米酢です。

この米酢は醸造酢にアルコールを混入したものを米酢と表示できます。

米からアルコール(日本酒)を造り、それを発酵させて米酢を造るには酒税法による規制で「もろみ製造免許」が必要になります。

このような理由から、市販の米酢には、原料として米だけを使った「純米酢」とそうではない「米酢」があるのです。

米酢と違って100%米で作られていれば純米酢となります。

純米酢は米酢よりも成分も風味も勝っていますので、当然に純米酢のほうが高価になります。

なお、米の産地や種類、酢の原料となるもろみにもこだわって、昔ながらの製法でじっくり醸造する老舗も多いので、様々な味わいがあることでしょう。

玄米酢

精白した米を使わず、玄米を原料として造られる酢を玄米酢といいます。

通常は精白して取り除いてしまう胚芽には、本来、発芽のために必要な栄養素がぎっしり詰まっています。

玄米酢はその胚芽の部分も使うので、米酢よりも栄養面で勝ります。米酢よりも色が濃く、アミノ酸が豊富なため味わいも複雑な玄米酢。

原料が米なので、やはり和食や中華によく合いますが、素材の甘味やコクが深い料理に使うと、素材の味をしっかり引き立ててくれます。

特に、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、カリウムは他の酢に比べても実に多く含まれているので、健康飲料としても適しています。

ただし、米の表面にある堅い層が発酵を妨げるので、米の表面に傷をつけてから発酵させるなど、製法に手間のかかる酢でもあります。

そのため、玄米酢の価格も米酢よりも高くなっています。

なお、玄米酢には高血圧の効果があるといわれています。

玄米酢には尿を促す作用があり、飲んだり食事に加えることで1日の尿量を増やすことができます。

玄米酢の乳酸がナトリウムを吸収して乳酸ナトリウムとして排泄されるからです。さらい玄米酢に含まれるカリウムも、ナトリウムの排泄を促します。

こうして体内の過剰な塩分を排出し、高血圧予防に大変役立つのです。

100gの玄米酢に含まれるナトリウムは29gです。これは食塩でいうと、わずか0.1gにしかならない量というのも注目したいことです。

炭酸水ダイエットとして飲む場合は、リンゴ果汁やハチミツを混ぜて10倍くらいに薄めると飲みやすくなります。

ただし、健康に良いとはいっても、1日に多くて2~3杯が適量です。胃の弱い人は控え目にしましょう。

ダイエットを目指す私たちは、いつでも高血圧と隣り合わせです。

玄米酢を上手に食生活に摂り入れたいものですね。

黒酢

酢の中では「アミノ酸」がダントツに多く脂肪燃焼や疲労回復に効果的で炭酸水ダイエットとの相性もとても良いです。

酢によるダイエットや美容・健康効果など、私たちに酢のブームを引き起こしてくれたのは、黒酢のおかげともいえるのではないのでしょうか。

黒酢のアミノ酸含有量は酢の中でもトップクラスで、黒酢の健康効果はとても素晴らしいです。

黒酢にたっぷり含まれるアミノ酸は、血液をサラサラにして、血管内の循環をスムーズにする働きがあります。

これによって、体内の代謝がアップしてくれるのです。

日本で造られる黒酢は、およそ7割が玄米から造られています。

そのため、玄米酢と同じと思われがちですが、一般には米酢や玄米酢をより長く熟成させて色が濃くなったものを、黒酢と呼んいるのです。

原料には、米や玄米、大麦など様々なものが使われています。

原料や製法によって色の付き方は変わってくるものの、総じてコーヒーか紅茶のような茶褐色色です。

熟成が名合文、まろやかで芳醇な味わいがあり、普通の酢に比べて数倍のアミノ酸を含んでいます。

特に、中国の鎮江の黒酢は、もち米から造られており、バリンやロイシン、イソロイシンなどの必須アミノ酸が最も豊富で米酢の数十倍ものアミノ酸が含まれています。

日本では鹿児島が有名な産地です。現地では調味料としてだけでなく、風邪薬をはじめ、様々な薬としても使われてきました。

黒酢の製造方法も大変独特であり、54ℓほど入る焼き物の壺に蒸し米と米と麹、湧き水を同時に仕込み、日向で1年以上自然発酵させます。

普通の酢は、米の糖化後にアルコール発酵、酢酸発酵という過程で造られますが、鹿児島の黒酢は一つの容器の中で全ての過程が進行するという世界でも大変珍しいものなのです。

黒酢にはアルコールが入っておりませんので、炭酸と割っていただくとサッパリとした味わいが楽しめます。 

もろみ酢

もろみ酢は脂肪燃焼効果があるので、炭酸水ダイエットにとてもおすすめです。

黒酢よりもさらにアミノ酸がたっぷり含まれていると注目を集めているのが、もろみ酢です。

これは、日本最古の蒸留酒といわれる沖縄の銘酒、泡盛の蒸留過程でできる「もろみ」から抽出されたエキスです。

湿度が高く、温暖な沖縄っでは、普通の麹では腐ってしまうために、黒麹菌という菌を使って酒を造ります。

この黒麹菌が大量のクエン酸を生成して雑菌の繁殖を防いで、美味しいお酒を造ってくれるのです。

その黒麹菌をたっぷり含んだ「もろみ」からできるもろみ酢は、普通の酢が酢酸を主成分とするのに対して、もろみ酢はクエン酸が主成分となっています。

通常は酢酸を体内で活性化させていまれるクエン酸をダイレクトに吸収できるため、疲労回復に効果があります。

もちろん、代謝を良くする役割のあるクエン酸の効果で、脂肪や糖分の燃焼なども期待できるので、炭酸水ダイエットにもおすすめです!

また、人間に必要なすべての必須アミノ酸を含み、その含有量は黒酢の2倍と言われています。

もろみ酢の味は、そのままの現役では雑味がありますが、ほとんどの製品には黒糖が混ぜてあり、甘くてフルーティーな味わいです。

クエン酸が主成分のため、味がまろやかなので、酢の酸味が苦手な人でも大変飲みやすいことも人気の一つのようです。

種類によって、クエン酸やアミノ酸の含有量、加糖、無糖などの違いがありますので、ラベルを確認して好みにあったものを探すのも楽しいですね。

ワインビネガー

フランス料理やイタリア料理には欠かせないワインビネガー。その名実は日本でもすっかり定着してまいりました。

米酢が日本酒を発酵させてつくるのが酢なのなら、ワインビネガーはその名前の通りワインを発酵させた酢です。

ビネガー(VINEGAR)という言葉も、フランス語の「Vin(ワイン)}と「aigle(酸っぱい)」が合体してできた言葉なのです。

南イタリア等では、テーブルにオリーブオイルと一緒に並ぶ、食卓に欠かせない調味料の一つです。

生野菜は各自でビネガーとオリーブオイル、塩等で味つけをしながら食べるのが主流です。

日本の酢と同じように、ヨーロッパの食生活に溶け込んでいて、ワインビネガーも様々な種類があります。

規格としては酢1ℓ中300g以上のぶどう果汁が使用されていて、有機酸の酸味成分が4.5%以上とされています。

一般の穀物酢より酸度が高く、米酢よりも糖質が少ないのが特徴です。

そのため、カロリーも低く、米酢の半分程度と大変ヘルシーです。

これまでのワインビネガーは、外国産のものが主流でしたが、最近では国産のぶどうで造ったワインビネガーも増えてきました。

ところで、ワインにも赤と白があるように、ワインビネガーにも赤と白があります。

料理にも使い分けをしたいところですが迷ってしまいますね。

ワインと同じように白は野菜や魚料理、鶏肉などのあっさりした料理に使い、赤は牛肉や豚肉など少し重ためがあって濃い味付けの肉料理に使うと良いでしょう。

リンゴ酢

フルーティーな味わいが飲みやすく炭酸水ダイエットに最適です。

ワインビネガーと同じく、名前の通り果実の醸造酢で、リンゴのお酒からできているのがリンゴ酢です。

果実酢は、穀物から造られる酢と違って、アミノ酸が少ないために非常にスッキリとした酸味が特徴です。

また、リンゴ酢は食後の血糖値の上昇をゆるやかにするので、酢パークリングダイエットとしても活用したい酢です。

リンゴ酢はスッキリと軽い味わいで、爽やかな甘い香りが特徴的です。

カルバドスというリンゴのブランデーがあるように、長い熟成期間を経ると、リンゴ酢もブランデーの深い香りを醸し出すと言われています。

リンゴ酢は、リンゴの生産量の多いアメリカで一般的に使われており、特にバーモンド地方の民間療法である「バーモンド健康法」にリンゴ酢が使われていたことで人気を集めました。

この地方は、世界でもっとも機構が不安定と言われているにもかかわらず、世界有数の長寿地域です。

その秘訣がリンゴ酢とハチミツを使ったドリンクと、たっぷりの海藻を食べることだったのです。

リンゴ酢は、他の酢と比べてカリウムが大変豊富に含まれています。

血圧の上昇を抑えて糖尿病などの原因となるインスリン不足を助ける効果があります。

また、リンゴ酸やクエン酸も豊富に含まれており、疲労回復や肥満防止に大変役立つ等、酢の中でも良いことづくめです。

これにミネラルやビタミンがたっぷりのハチミツを加えることで、互いの成分が作用して身体に良い効果をもたらすのです。

JASの規格では、1ℓに300gの果汁が使われていれば果実酢と表示することになっておりますが、リンゴ酢の味を香りを楽しむならば、なるべく100%リンゴ果汁から造られたリンゴ酢を選びたいものです。

酢が苦手な人も、炭酸水とリンゴ酢を割っていただくと、大変フルーティーで飲みやすいので美味しくいただけることでしょう。

炭酸水ダイエットのまとめ

今回の記事では炭酸水ダイエットに関するすべてをお伝えいたしました。

炭酸水には血行促進効果と満腹効果を得られることでダイエットができます。

食前や食中に飲むことで食べ過ぎの抑制ができますし、普段の飲み水として活用すれば間食も防げます。

また、炭酸水はカロリーゼロであることも大きなメリットです。

炭酸水ダイエットの注意点としては、糖分が使われている炭酸飲料や、カロリーゼロと表示されていても人工甘味料が入っているものは、炭酸水ダイエットの効果が出ません。

飲む量に関して特別な制限はありませんが、一度に1.5L以上飲むと炭酸酩酊になる可能性がありますので、注意してください。

そして本文でお伝えした炭酸水ダイエットの効果をより高めるために、炭酸水にお酢を入れて飲む方法はとてもおすすめです。

ぜひ、好みのお酢を見つけて炭酸水ダイエットとの相乗効果を実感してください。

炭酸水ダイエットはとても簡単に実践できて、ただ痩せるのではなくきれいに痩せることを実現していきます。

なお、炭酸水ダイエットを実践した体験談は「炭酸水ダイエットの体験談 挑戦した結果実感したこと」にてお伝えしています。ぜひ、御覧ください。

炭酸水ダイエットでいつまでも健康で若々しい生活を送り続けてください!

\ SNSでシェアしよう! /

水メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

水メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

水

水や医療に関する書籍を複数発刊している大学教授です。

その他の記事  記事一覧

  • 豆乳ダイエットで成功するためのやり方や方法

  • ほうじ茶はカフェインの影響が少ないのか

  • コーヒーと腎臓の関係について

  • 炭酸水パックの美肌効果がもの凄い!

関連記事

  • 炭酸水洗顔の美肌効果とやり方、作り方の全て!

  • 炭酸水の効果は驚きの数々!その全てを徹底的に調べました!

  • 炭酸水のメリットを全てお伝えしています!

  • 炭酸水の飲み過ぎの影響とは?体によくないことは?

  • 炭酸水の美容効果が凄い!

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?